アライブ がん専門医のカルテ

第10話『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【すい臓がんと、最後の試練】

第11話『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『アライブ』第10話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第10話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『アライブ』の無料動画を視聴する

『アライブ がん専門医のカルテ』第10話「すい臓がんと、最後の試練」のあらすじ(3月12日放送)

恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が担当する、すい臓がんの患者、佐伯芳雄(相島一之)の弟、隼人(丸山智巳)が、兄を転院させると申し出てきた。
芳雄はこのまま横浜みなと総合病院で手術で良いと思っているが、隼人はより腕の良い外科医がいる有馬総合病院への転院を譲らない。
心と薫は引き止めることはせず、患者家族の意向に従うことにした。

一方、結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の研修期間がそろそろ終わろうとしている。
阿久津晃(木下ほうか)はこのまま腫瘍内科に来て欲しいが、結城は外科、奈海は小児科と当初からの希望は変わっていない様子。

そんな中、薫が腫瘍内科に女性を連れてくる。
女性は有馬総合病院の理事長・結城美紀子(とよた真帆)。
佐伯兄弟に対し、現場の医師が勝手に承諾したことで、病院としては先に待っている患者を差し置いて手術を請け負うことはできないと謝罪に来たのだという。

丁寧な美紀子の対応に感心する心。
だが、わざわざ美紀子が出向いてきたのは、息子の職場も見ておきたいからだと言い、彼女が向かった先は…。

『アライブ がん専門医のカルテ』第10話「すい臓がんと、最後の試練」のネタバレ感想(3月12日放送)

膵臓癌で入院中の佐伯芳雄(相島一之)は抗がん剤が効いて手術可能となる。
しかし弟の隼人(丸山智己)が、実績のある有馬総合病院へと転院させると言いだした。
恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)は膵臓癌は進行が速いので、転院するなら、早く手術してもらえるよう隼人に依頼する。

心に国立がん医療センターからお呼びがかかりました。
阿久津晃部長(木下ほうか)が推薦してくれたのですが、心は横浜みなと総合病院のことも気になります。

阿久津医師は、心が抜けた後研修期間が終わる結城涼(清原翔)と夏樹奈海(岡崎紗絵)の配属先が腫瘍内科になるよう希望した。

有馬総合病院の理事・結城美紀子(とよた真帆)が、横浜みなと総合病院を訪れる。
佐伯の手術は有馬総合病院ではできないというものだった。
そして、息子・涼の職場を見に来たと言うのでだ。

佐伯隼人はお金を出してでも、有馬総合病院での手術を希望するが
佐伯芳雄はみなと総合病院での手術に承諾する。

涼の弟・駿(若林拓也)がアメリカから帰国したため、祖父・有馬晋(品川徹)とともに家族で食卓を囲みます。
祖父は「有馬の将来のためにも頼んだぞ二人とも」と、母とともに期待する。
しかし、涼が父の話をすると食卓の雰囲気は固まるのだった。

梶山は、めずらしく佐伯芳雄のカンファレンスに遅れてきました。
術前化学療法の効果はみられたため、心の提案は成果を得ていた。
阿久津医師は腫瘍内科を今後とも頼むと言うのだった。

佐伯の手術に涼は梶山の第二助手として立ち会います。
隼人は兄芳雄を心配していました。
仕事を辞め親の介護をして、ようやくこれから、兄の人生が始まると思った矢先に病魔に襲われたのです。
「兄を助けてください」と心に頭を下げるのでした。

手術は難しいものでしたが梶山の的確な判断で、腫瘍のメインの部分は切除できた。
思ったより癌が周辺に広がっていたので、取り残した癌は化学療法と放射線治療で対応すると隼人に説明する。

隼人は有馬総合病院なら、すべての癌が取り除けたのではないかと思ってしまうが、心は芳雄は強く冷静で常に前を向いているので乗り越えられる、支えになってあげてほしいとアドバイスするのだった。
なにができるのかと尋ねる隼人に心は
「顔をみせてあげたり、傍にいてあげたり。それでいいと思います。一緒にたたかいましょう。」と伝えるのだった。

お見舞いに訪れた隼人家族。
芳雄は隼人に幸せかどうかは自分が決めると伝える。
隼人は兄の期待に応えようとしていたことから、心は涼に言葉をかけます。
「家族の期待が重荷になる。そういうこともあると思う。それって本当に背負わなきゃいけないことなのかな」
涼に、どういう医者になりたいか問いかける。
父のような医者になりたいけれど、患者のことばかり考えて、祖父とあわないため今は地方の病院にいるというの。

そして母に告げる。
「横浜みなと総合病院で外科医をめざし、父のような医者になりたい」と。
母は、「お父さんは、とってもいい医者よ。がんばってね」と答えるのだった。

心は国立がん医療センターに変わると忙しくなるので、家族のことを心配していた。
だが、息子の「ママのなりたいものになったらいいよ」という言葉に、ほほ笑むのだった。

ラストで心と薫は高級料理に舌鼓をうつ。
そして薫は、乳がんの再発がわかったと打ち明ける。
カンファレンスに遅れてきたのは、結果を聞いて気持ちを切り替えていたからでした。
「一緒に戦ってほしい」
「もちろん」
と二人は手を合わせる。

下弦の月
下弦の月
次回、心は「彼女の治療にむきあいたいんです」と話していた。
心は、がん医療センターではなく横浜みなと総合病院に残って、薫に寄り添っていくのではないだろうか。
抗がん剤治療を続けながら医師として、仕事を続けようとする薫の姿が患者様にも
勇気をあたえることになるのかもしれません。
もし薫が去ってしまう結末があると、横浜みなと総合病院は新しい医師たちにたくし
心も新たな道へ進むことになるかもしれませんね。

『アライブ がん専門医のカルテ』第10話「すい臓がんと、最後の試練」視聴者のネタバレ感想(3月12日放送)

50代男性
今回の第10話は、親や兄弟の期待に応えようと、もがいている人たちへのメッセージが盛り込まれていると思います。

「兄弟でずいぶん差ができた」という患者の佐伯芳雄さん(相島一之)の言葉や「おれはおまえにやりたいことをやってほしかった」「幸せかどうかは、自分が決めるんだよ」などの言葉に、研修医の結城医師(清原翔)の気持ちが動きます。

結城は日本では一番大きな医療法人と言われている有馬総合病院の御曹司だったのです。

また、すい臓がんの患者佐伯芳雄の弟の隼人(丸山智己)が、「もっと手術実績のある病院で手術を受けさせたい」と転院を希望しましたが、その気持ちも分かる部分があります。

今は年間手術数なども公表されているので、少しでも手術数の多い実績のある病院へと思う患者さんが多いのも、無理のない話でしょう。

しかし数を稼ぐためなのか、まるでベルトコンベヤーに乗せられているように流れ作業だった、と話す患者さんがいることも事実です。また、成功率を高めるために、難しいオペは他の病院に任せるという所も少なくないようです。

そして薫先生(木村佳乃)が言うように、外科医が一人で闘うのではありません。チーム力が大切だと私は思います。だから、手術件数だけで良い病院だと考えるのは良くない、と思えるのです。

今回、私が一番気になったのはラストシーンです。

薫が「再発が見つかった」というセリフがあり、「一緒に闘って欲しい」と心に言うと、心は「もちろん」と答えていました。

しかし、再発となると苦しい闘いになるのではないかと、少し心配です。

そして、結城先生が莉子さん(小川紗良)に「カラオケはいつ行く?」と誘っていましたが、二人は恋なのか友情なのか、その後の展開も気になるところです。

次回予想
乳がんの手術を受けてから5回目の記念日だという薫ですが、再発も見つかったと言っていたので、次回では薫の乳がん再発をどのように治療するかなどが話し合われるでしょう。

次回の予告では、車いすに座っている薫や苦しそうにしている薫の姿が写っていましたが、どのような結末になるのか、ハラハラドキドキします。

そして、結城先生と莉子さんは医者と患者の恋が実るのでしょうか?

医者が受け持ち患者を好きになると、治療がうまく行かなくなることがあるので良くないと一般的には言われていますが、どうなるのか、これも楽しみな見どころです。

30代女性
恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)の患者・佐伯芳雄(相島一之)の弟の隼人(丸山智己)が転院を希望する気持ちは、理解できました。
自分にとって大切な人が重い病気だったら、できるだけ実績のある病院に任せたいと思うのは自然なことだと思いました。
兄もこれだけ心配してくれる弟の気持ちが、嬉しいだろうなと思います。
佐伯が転院予定先だった有馬総合病院での受け入れを断られたことは意外でしたが、それ以上に有馬総合病院の理事・結城美紀子(とよた真帆)が結城涼(清原翔)の母親だったことは驚きました。
医者一家に育った結城は、その環境にいるからこその苦労もあっただろうなと思いました。
恩田京太郎(北大路欣也)が息子・恩田匠(中村俊介)の小説をもとに、脚本を書いているというのは素敵でした。
心の息子・恩田漣(桑名愛斗)が脚本家や小説家を目指すと話して、心が動揺していたシーンは笑ってしまいました。
弟に心配を掛けないようにと考える佐伯や、自分の会社が危ない状況でも兄を救うために頑張る隼人に心が温まりました。
お互いのことを想っている気持ちが十分に伝わってきました。

今回のラストで薫が心にがんの再発を伝えていたシーンは悲しかったですが、病気と闘うことを覚悟している薫の意志の強さを感じました。

次回予想
次回はがんの再発が判明した薫が治療に苦しみながらも、心や周りの支えもあって出来る限り医師の仕事を続けると予想しています。そして心は迷いながらも、最終的には国立がん医療センターに行くことを決断する結末になると思います。

『アライブ がん専門医のカルテ』第10話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『アライブ』第10話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『アライブ』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『アライブ がん専門医のカルテ』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第9話】『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじネタバレ感想

→【第11話】『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじネタバレ感想

2020冬ドラマ早見表
2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/