アライブ がん専門医のカルテ

第6話『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【がんの標準治療と民間療法】

第11話『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『アライブ』第6話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第6話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『アライブ』の無料動画を視聴する

『アライブ がん専門医のカルテ』第6話「がんの標準治療と民間療法」のあらすじ(2月13日放送)

心(松下奈緒)は夫・匠(中村俊介)が手術中のミスが原因で亡くなったことを薫(木村佳乃)に知らされる。
しかも、その時匠の手術をしていたのは担当医の須藤(田辺誠一)ではなく、自分だったと告白。
信頼していた薫に裏切られたことで、信じがたい混乱と苦しみの中、「消えて…」と薫に伝える。

数日後、薫はまだ横華みなと総合病院にいた。
退職願を消火器外科部長の美川史郎(阿南健治)に提出していたが、手術を待っている患者がいるためすぐには辞めることはできなかった。
心が担当する高坂民代(高畑淳子)もその一人。
しかし、心は薫を避けるようになっていた。

一方、匠の医療過誤を調べる関河隆一(三浦翔平)は、当時の事実を知る新たな人物と会っていた。

『アライブ がん専門医のカルテ』第6話「がんの標準治療と民間療法」のネタバレ感想(2月13日放送)

夫・恩田匠(中村俊介)が亡くなったのは、梶山薫(木村佳乃)による手術中のミスであったことがわかった心(松下奈緒)は、薫を避けてしまう。

医局に回収されて、おかれていたペットボトルの水は、元患者が配っていたがんが消えるという水だった。
最初は無料で配られるが、1本5000円もするというもの。

土方絵麻(清水くるみ)に心は結城涼(清原翔)とともに、検査結果の報告をする。
ステージⅢの胃がんであることを報告すると、両親が動揺し抗がん剤は苦しんで死んでしまうと嘆く。

~~~

梶山の依頼により緊急カンファレンスが開かれる。
高坂民代(高畑淳子)の病状について、先生方の意見を求める梶山だったが、心は無理な手術はさけたいと意見する。

絵麻の両親が心を呼び止め、腕のいい医師に手術をしてもらいたいと話し、担当医を梶山先生に変えてほしいと言う。

病院の廊下で倒れている佐倉(小川紗良)の手に、抗がん剤治療の案内メモがあるのをみた絵麻の父(ベンガル)は、抗がん剤を始めようとしている娘の治療室にのりこみ「やめろ、娘に毒をいれるな!」と叫び治療を止めようとする。

叫ぶ父にむかって「ごめんなさい。私がわるいの。病気になってごめんなさい」
と泣きながら謝る絵麻。

絵麻の母から化学療法はやらず、フィルピースクリニックでの治療に切り替えると連絡が入る。

それを聞いていた阿久津晃(木下ほうか)は、フィルピースクリニックは医学的根拠がない高額なサプリやワクチンを売っているところだという。
民間療法がすべて悪いとは言えないが僕たちが、もっと信頼されるように精進していかないといけないと話す阿久津。

心は抗がん剤への誤解を解いてほしいと、標準治療について絵麻の父に提案するが、何を選択するのか、こっちの勝手だと言われてしまいどうすることもできずにいた。

~~~

心はジャーナリストである関河(三浦翔平)に会う。
梶山による医療過誤で夫が亡くなったのは、本当かと尋ねる心。
医療過誤があったことは確かだという関河ですが、まだ調べることがあると話す。
そして関河は、心に一つだけ伝えたいことがあると言い、梶山の父親が医療過誤によって亡くなっていることを話すのであった。

~~~

梶山により高坂民代の手術が開始された。
だが、腹膜播種をおこしていたため手術できず閉腹となってしまう。

民代の病室を訪れた心。
今後は抗がん剤治療をしていこうと話しているとTVからフィルピースクリニックの院長が逮捕されたというニュースが流れる。

民代は、患者は治りたくて生きたいからこんなものに騙されるんだとつぶやいた…。

~~~

土方夫妻が心を訪ねてくる。もう一度娘を診てほしいと。
父親はクリニックを受診してしまったと土下座し、「娘を守りたかっただけなんです」と涙を流す。
今からでも十分治療できると告げる心。

~~~

心は関河から夫が亡くなる前に撮られていたCT画像を見せらる。

心は梶山に夫のCTを見せ、第2助手が手術の真相を関河に告げたと話す。
原因は須藤医師(田辺誠一)にありました。

「薫先生はわるくない」ひどいことを言ってしまったと謝る心に
「ちょっと待てくれる」と動揺する梶山。

ラスト
須藤先生を調査委員会に調べてもらおうという心を「ダメ」と強く遮っる薫。
薫はいったい何を思うのか…。

下弦の月
下弦の月
次回、肺への転移がみつかった患者が訪れるのですが、入院での治療を拒むようです。息子は「僕になにもできません、10年話していないんです。母が死んでから」
と言っていたので、家族の心模様が描かれることになりそうです。

『アライブ がん専門医のカルテ』第6話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『アライブ』第6話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『アライブ』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『アライブ がん専門医のカルテ』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第5話】『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじネタバレ感想

→【第7話】『アライブ がん専門医のカルテ』のあらすじネタバレ感想

2020冬ドラマ早見表
2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/