僕はどこから

【第7話】ドラマ『僕はどこから』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

【第11話】ドラマ『僕はどこから』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『僕はどこから』第7話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第7話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『僕はどこから』の無料動画を視聴する

『僕はどこから』第7話のあらすじ(2月19日放送)

夜中、薫(中島裕翔)の自宅にやってきた山田龍一(高橋努)は、「藤原さんを救いたいと思いませんか?」と言う。
智美(間宮祥太朗)の情報屋だという山田は、井上玲(笠松将)の居場所がわかったことを智美に連絡したが、あとになって地元のヤクザに匿われていることがわかったのだ。
武器を持たずに向かった智美に届けて欲しいと、拳銃を取り出し薫に渡す。

そんな中、「電話をかけにいく」とアパートを出たはずの山田は、なかぜ下に止まっている車の中へと入っていく。
車内で待っていたのは、ヤクザのところにいるはずの玲だった。

『僕はどこから』第7話のネタバレ感想(2月19日放送)

智美(間宮祥太朗)のために何かしたいと願う薫(中島裕翔)の元に、山田(高橋努)が訪ねてくる。
井上玲(笠松将)の居場所がわかったといい、智美に教えたとメールを見せる。
玲は地元のヤクザに匿われてるといい、智美を助けるために銃を届けてほしいと渡される。

~~~

山田が外に電話をかけに行き、携帯をコピーをさせる。
その間に薫は先ほどのメールを紙に書き写し、何かを隠しているから信用できないと銃を返そうとする。
が、山田は玲は”宝土清掃”にいるといい、そこはマフィア化していると言う。
文字を書き写した薫は、読み取った映像から事実と知る。
山田は会長が怖いから情報を小出しにしたと言い訳をし、薫は銃を届けることを承諾する。

~~~

薫と智美の動きを警察に流す山田。
そして薫の携帯をコピーした山田は嘘の情報を智美に流し、2人の動きを支配しようとする。

だが、薫のメールから”何か”を読み取った智美は千佳(上白石萌歌)に連絡し、ある頼み事をする。

ラスト
薫は母を家に残し、智美の元へ銃を持って向かう…。

ドラマ『僕はどこから』第7話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『僕はどこから』第7話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『僕はどこから』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『僕はどこから』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第6話】『僕はどこから』のあらすじネタバレ感想

→【第8話】『僕はどこから』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/