FAKE MOTION-卓球の王将-

FAKE MOTION4話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【エビ高、分裂。】

FAKE MOTION4話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【エビ高、分裂。】

この記事ではドラマ『FAKE MOTION-卓球の王将-4話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

FAKE MOTION-卓球の王将-4話の無料動画を視聴する

FAKE MOTION-卓球の王将-4話あらすじ(4月29日放送)

試合終了直後、突如として倒れた松陰久志(北村匠海)。

松陰はどうなってしまうのか…。

そして恵比寿長門学園vs八王子南工業高校の試合。
1勝1敗でむかえた第3戦目は高杉律(佐野勇斗)・桂光太郎(古川毅)ペアvs土方歳鬼(板垣瑞生)・沖田彩(矢部昌暉)ペアのダブルス。

沖田のもつ能力に苦戦する律と光太郎。

果たして試合の結果は…。

ついに八王子勢との試合に決着がつく。

FAKE MOTION-卓球の王将-4話ネタバレ

ネタバレ

無音の絶対時間という特殊能力を使った松陰(北村匠海)は圧倒的なスコアで勝利を奪うものの、試合後、卓球台のそばで突然倒れ込みます。医師から、倒れた原因は持病によるものではなく、特殊能力を使ったことによるものだと聞き、卓球部員たちは一安心します。
しかし桂(古川毅)は、松陰が病気を抱えているという事実を律(佐野勇斗)が秘密にしていたことに腹を立てます。

そして次の試合はダブルス戦です。
エビ高は律と桂のペア、対戦相手は土方(板垣瑞生)と沖田(矢部昌暉)のペアで、特に沖田は相手の感情を身体から発せられる色で見分けられる”カラージャッジ”という特殊能力を持っていました。
この能力があれば、身体から発せられるオーラのようなものが見え、弾道を事前に判別できるというのです。沖田はこの能力を使い、相手のボールを難なく返球し、第1セットをモノにします。

試合を見ていた松陰は沖田の特殊能力を察知し、その対処方法を律に教えます。
律は試合中にわざと桂を怒らせ、怒りの赤いオーラを発生させます。
これにより沖田は相手の感情が読み取れなくなり、エビ高が第2セットと第3セットを連続で奪って勝利を収めます。
そして八王子南の卓球部員たちは、試合中、律と桂が怒りながら友愛を深める様子を見ます。
八王子南とエビ高との間に奇妙な友情が芽生え、対抗戦は幕を閉じます。

こうして八王子南戦を乗り越えたエビ高はその後快進撃を続け、東東京のランキングでとうとう第2位まで上り詰めます。
そして次はいよいよ薩川との対戦となるのですが、ラストで桂が薩川傘下の代官山高校の連中にバットで怪我をさせられてしまいます。

下弦の月
下弦の月
【次回の予想】第4話の結末でランキングを上げ、やっと薩川への挑戦権を得たエビ高ですが、エースである桂が怪我をさせられてしまいます。次回は謎の存在であった薩川の絶対的エース・西郷(草川拓弥)も登場し、エビ高の快進撃が止められてしまうのか要注目です。。

FAKE MOTION-卓球の王将-4話感想とみんなの評判

男性(30代)の感想と評判
評価:

八王子南工業高校との試合でキャプテン(北村匠海)はギフデッド無音の絶対時間という能力を発揮して相手をあっさり蹴散らしていました。
しかし試合終了後、キャプテンは倒れてしまいます。

その後、キャプテンの容態は回復して律(佐野勇斗)と光太郎(古川毅)のダブルスの試合が始まります。
開始直後から八王子高校の選手たちに律たちの弾道が読まれてしまい全く歯が立ちません。
次の第2セットで律はなぜか光太郎を挑発して口論になります。

ですがその後から光太郎の動きが良くなって相手を翻弄していきます。
相手は共感覚の持ち主で感情が色で見える能力で弾道を読んでいたことが判明します。
それからもエビ高が優勢なことは変わらず相手を翻弄します。

しかし、相手チームも仲間の絆を感じて対抗してきますが結局、結果はエビ高の勝ちで幕を閉じます。

そして、エビ高は破竹の勢いで勝ち進んで東東京二位のランクに登りつめます。

残す相手はラスト東東京一位に君臨する薩川大学付属渋谷高校のみになるのでした。

キャプテンが死ななくて本当に良かったと心から思いました。
あのギフデッド無音の絶対時間という能力は最強ですけどリスクが大きすぎるので、今後はあまり試合では出さないほうがいいのではないかと感じました。

次回は光太郎がエビ高を恨んでいる高校から集団リンチを喰らって卓球ができなくなってしまう展開がありそうです。結末はその光太郎のことが問題になり渋谷高校との試合が延期になってしまうと思います。

女性(30代)の感想と評判
評価:

試合直後に倒れてしまった松陰久志(北村匠海)のことが心配でしたが、無事に意識を取り戻してくれて良かったです。

しかし、今後も松陰がリミッターを外す機会が多くなってしまうと、どんどん身体に負担を掛けてしまうので不安が大きいです。
険悪なムードのなかで、高杉律(佐野勇斗)と桂光太郎(古川毅)がダブルスの試合に挑むことは心配でした。

相手チームである八王子勢の沖田彩(矢部昌暉)が持っているカラージャッジの能力には、驚かされました。
ですが、そのことをすぐに見破った松陰の目はさすがだと思いました。
共感覚である沖田にオーラの色を読まれないように、光太郎を怒らせるように律に指示を出したことは良い判断だと思いました。

最終的には律と光太郎も、お互いの気持ちを理解し合えたようだったのでホッとしました。
敵チームでありますが、色に惑わされて動揺した沖田のことをペアを組んでいる土方歳鬼(板垣瑞生)が支えようとしていたのは良かったです。

八王子勢も仲間のことを思い合っている良いチームだと思いました。
勝利を収めた律たちが八王子に熱い気持ちを伝えたシーンは、ワクワクしました。
しかし、トレーニング中の光太郎の前に金属バットを持った男たちが現れたラストシーンは一気に心配になりました。

次回は代官山勢に襲われた光太郎がケガを負い、試合に出場することは難しくなってしまいそうです。エビ高には諦めのムードが漂ってしまいそうですが、ケガをした光太郎や部長の松陰の言葉によって再び前向きな気持ちに変わる結末になると予想しています。

ドラマ『FAKE MOTION-卓球の王将-』出演者の関連作品まとめ

高杉 律|リッツ(佐野勇斗|M!LK)

 

この投稿をInstagramで見る

 

佐野勇斗(M!LK)(@sanohayato_milk)がシェアした投稿

佐野勇斗の出演作

ドクターカー(10話)、砂の塔、カンナさーん!、トドメの接吻 など

桂光太郎|エース・コウ様(古川毅)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryutaro(@ryutaronagasawa)がシェアした投稿

ここにボックスタイトルを入力

兄友3年A組-今から皆さんは、人質です-ニッポンノワール、ねぇ先生、知らないの? など

松陰久志|部長(北村匠海)

 

この投稿をInstagramで見る

 

『FAKE MOTION -卓球の王将-』 プロジェクト(@fakemotion_pj)がシェアした投稿

北村匠海の出演作

捨ててよ、安達さん、隣の家族は青く見える、仰げば尊し、外事警察、鈴木先生 など

FAKE MOTION-卓球の王将-4話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『FAKE MOTION-卓球の王将-』第4話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

FAKE MOTION-卓球の王将-4話の無料動画を視聴する

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら