麒麟がくる(大河ドラマ)

第17話『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【長良川の対決】

第17話『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【長良川の対決】

この記事ではドラマ『麒麟がくる』第17話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第17話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『麒麟がくる』の無料動画を視聴する

『麒麟がくる』第17話「長良川の対決」のあらすじ(5月10日放送)

尾張では、道三(本木雅弘)が越前へ落ち延びられるよう取り計らったにもかかわらず、それを拒んだとして帰蝶(川口春奈)が憤っていた。

道三が劣勢であることを聞いた信長(染谷将太)は、いてもたってもいられず兵を引き連れて飛び出していく。
光秀(長谷川博己)は、明智荘を守るべく、光安(西村まさ彦)と共に道三に味方することを決める。

ついに長良川を挟んだ戦いが始まった。
一進一退の攻防が続く中、自ら大軍を率いて押し寄せていった高政(伊藤英明)により、次第に道三軍の敗色が濃厚になってゆく。

『麒麟がくる』第17話「長良川の対決」のネタバレ感想(5月10日放送)

弘治2年、遂に長良川で道三(本木雅弘)と高政(伊藤英明)の戦が始まり光秀(長谷川博已)は敵は高政だと言います。
光安(西村まさ彦)が高政側についたので、どちらが勝っても明智家存続の為に保険を掛けたのだと思います。
帰蝶(川口春奈)は道三を助けに行こうとする信長(染谷将太)に道三の負け戦だからと引き留めようとしますが、信長は言う事を聞きません。

道三を信奉する信長としては当然だと思います。
長良川の北陣の道三は念仏を唱え自分の運命を悟りきっているように見えます。

高政は先陣の次に行くと言い、親殺しは外聞が悪いと言います。
信長がやってくると高政と聞き、その前に道三を叩くと言います。
光秀も来ていないので、道三に寝返ったかと疑います。

早朝に戦が始まり、光秀は光安を助けます。
しかし高政が出陣して勝敗は決定的になった。
道三は退却を進言する家臣に耳を貸しません。
すると道三が一人で馬に乗って高政に迫り、一騎打ちを挑みます。
槍同士で闘い、負けを認めろと高政が言いますが、そなたの父の名を申せというが、成り上がり者と高政が言い返します。高政は父が土岐頼芸だと言います。

道三は醜い高政だと言い、自分が高政の父だと言います。
高政の命で高政に向かって走った道三は槍で討たれます。
高政に抱きつきながら勝ったのは道三じゃと言って息絶えます。最後まで武将のプライドに拘った見事な最期だったと思います。

光秀が駆けつけますが間に合いませんでした。
高政はまむしの罠に嵌められて親殺しの汚名が先々が付きまとうと言います。
高政は光秀に自分を助けろと命じます。

しかし光秀は高政には組しないと言います。
明智城は攻め落とすと高政が言います。
まさか光秀が高政に逆らうとは意外でした。
尊敬する道三を殺したのが許せなかった光秀は、忠義にあついのだと感心しました。

帰蝶は道三の死を知って悲しみます。信長は引き返したと聞きます。
伊呂波に帰蝶は美濃に使いを頼みます。
光秀に救いの手を伸ばすのではないでしょうか。

明智城では光安が籠城の準備をしていて光秀に兄から受け継いだ旗印を渡します。
光安は戦っても勝てないので明智家を絶やせないので逃げろと光秀に言います。光安は明智家の責任を被ったのだと思いました。

ラストの光安と光秀の生き別れは予想外でした。
せめてもの救いは牧(石川さゆり)と生き別れにならなかったのは良かったです。

下弦の月
下弦の月
【次回予想】次回は光秀が越前に逃亡するようです。しかし高政の末の弟の利治が信長に亡命します。信長は光秀に救いの手を伸ばすと予想します。永禄元年、今川義元は松平家康に三河の鈴木重辰を攻めさせせます。永禄3年に松平に大高城を攻めさせ沓掛城から移動する途中で桶狭間で討たれます。
高政は足利義輝から一色家を拝命します。六角と同盟を結び浅井とも戦いますが、高政も永禄4年に33才でハンセン氏病で死にます。結末は1567年に信長は稲葉山城を攻め岐阜城と改名し道三の仇を取り天下布武の野望に向かうと予想します。

『麒麟がくる』第17話「長良川の対決」視聴者のネタバレ感想(5月10日放送)

女性(50代)の感想と評判
評価:

光秀(長谷川博己)は道三(本木雅弘)側に付くことを決め、出陣することにしました。
尾張では帰蝶(川口春奈)が道三に、越前へ逃げ延びてほしいと願い出ていましたが、断わられてしまったようです。

高政(伊藤英明)側の軍勢が圧倒的に多い状況の中でしたが、信長(染谷将太)は道三に助けてもらった恩もあり、加勢しようと出陣しました。
しかし、道三は光秀が到着する前に、討ち死にしてしまいました。

高政は父親を亡きものにすることは、今後ずっと汚名が付きまとうことを恐れ、当初、生け捕りにする予定でした。
ですが、道三の罠に引っかかり、息の根を止めてしまいました。

光秀は道三が亡くなったことに驚きを隠せません。
そして高政は光秀が道三側に付いたことを責めましたが、今後、自分側に付けば許すと伝えました。

しかし、あくまでも自分の父親は頼芸(尾身としのり)だと言い張る高政に対して、光秀は頼家を尊敬できる人物ではないと言いました。
そして、光秀は高政に付かないと言ったことで、明智家は高政軍に追われる身となってしまいました。
明智城が焼かれる前に、逃げて生き延びてほしいと、光安(西村まさ彦)が光秀に伝えました。

ラストでは明智荘の領民たちが、光秀たちに別れを告げました。

次回は光秀たちが伊呂波太夫の案内により、越前へ向かうようです。
そこで新たな生活が始まるようですが、城を無くした明智家のこれからが気になるところです。

結末では何とか越前で生活していけるようになることを期待しています。

女性(40代)の感想と評判
評価:

道三(本木雅弘)は高政(伊藤英明)を打つべく大桑城から出陣した。
十兵衛(長谷川博己)も光安(西村まさ彦)と共に道三に加勢することに決めた。

一方、尾張では信長(染谷将太)が道三を助けに行くと帰蝶(川口春奈)に言う。
高政は道三を生け捕りにするように家臣たちに命じる。

その頃、織田の軍勢は国境に着いた。
長良川を挟んで両軍は対峙していた。
いよいよ戦闘の火蓋が切って落とされた。
高政軍と道三軍は激しい戦いを繰り広げる。

光安は怪我を負っているしかし、敵に阻まれて十兵衛も道三の軍に合流することができない。
高政の軍が出てきたことで勝敗は決定的になる。
十兵衛は本陣が総崩れになった道三の陣を見て唖然とする。

その頃、道三は高政に一騎打ちを挑む。高政は手出し無用と家来たちに言う。
道三は人を欺く奴には下らんと言う。

高政は自分の父は土岐頼芸(尾美としのり)だと言い張る。
激高した高政は家来たちに道三を討ち取るように命じる。
そこに十兵衛がやって来た。高政は十兵衛を責める。

しかし、味方になればこのことは水に流すと言う。
十兵衛は頼芸に会っても一度も立派だと思ったことはないと言う。
道三は自分に誇りを持っていたと言う。
道三に敬意を表して十兵衛はその場を去った。戦の報告が帰蝶に伝わった。
その場に泣き崩れる帰蝶であった。

帰蝶は太夫(尾野真千子)に頼みがあると言う。
明智家の当主の座は十兵衛に譲られた。明智家の旗印を渡される。
明智家を絶やすことは許さんと光正にいわれる。
今から逃げていつか城を持てと説得される。早く逃げるように促されて逃げる。

明智の庄の者たちが別れの挨拶に来た。
十兵衛は感謝の気持ちをみんなに伝えた。

ラストはみんなの無事を祈りつつ、いつか戻ると約束して家族と落ち延びる。

次回の展開の予想は、追ってから逃れながら太夫に案内されて十兵衛たちは越前に逃れていきます。越前ではどんな人物との出会いがあるのか、尾張では信長と信勝の兄弟の争いの結末がどうなるのかが見どころです。

『麒麟がくる』第17話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『麒麟がくる』第17話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『麒麟がくる』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『麒麟がくる』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第16話】『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想

→【第18話】『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/