麒麟がくる(大河ドラマ)

第2話『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【道三の罠(わな)】

第17話『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【長良川の対決】

この記事ではドラマ『麒麟がくる』第2話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第2話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『麒麟がくる』の無料動画を視聴する

『麒麟がくる』第2話「道三の罠」のあらすじ(1月26日放送)

秀光(長谷川博己)に心を開いた望月東庵(堺正章)と駒(門脇麦)は、美濃に向かうことになる。
しかし、美濃の侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典)の大群が迫っていた。

攻城を決め込む斎藤道三(本木雅弘)。
秀光と道三の嫡男・高政(伊藤英明)は反対するが…。

『麒麟がくる』第2話「道三の罠」のネタバレ感想(1月26日放送)

明智光秀(長谷川博己)は名医の東庵(堺正章)とその助手の駒子(門脇麦)と一緒に美濃の国へ戻ってくる。
しかし、尾張の織田信秀勢(高橋克典)が美濃に攻めてくることを知ります。

帰郷した光秀に対し、斎藤道三(本木雅弘)は旅の資金で貸した金を返せと言ってくる。
しかし、織田勢との戦で大将のクビを二つ取ったら、借金は帳消しにしてやると言うのだ。

どこまでもぬかりのない道三に対し、光秀は面白くないが、クビを二つ取ることは容易ではない。

織田勢は大群で美濃へ攻めてくるが、美濃には少数の兵士かいない。
そこで道三はある秘策を思いつく。

道三は戦の途中で籠城を決め込む。
美濃の動きが弱くなったことで、尾張は油断する。
そこへ一気に道三が攻め込む作戦だ。
この作戦が功を奏し、この戦いは美濃が勝利を収める。

~~~

しかし、道三には気がかりなことがあった。
なぜ、このような形で織田信秀が攻めてきたのかということだ。

調べてみると、裏で娘・帰蝶の夫である、土岐頼純(尾身としのり)が織田と密約を交わしていたことがわかる。
証拠の文を道三は頼純に見る。
頼純は全てを白状し、道三に暴言を吐き、その場から立ち去ろうとする。

しかし、道三は頼純をなだめ、一服のお茶を差し出した。
それを飲んだ頼純はそのまま倒れてしまうラストでした。

下弦の月
下弦の月
道三は頼純が亡くなったことで、今度は頼芸を新たな守護にすつもりのようです。彼は自分が思い通りに操れる人物を守護にしたいようだ。

『麒麟がくる』第2話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『麒麟がくる』第2話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『麒麟がくる』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『麒麟がくる』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第1話】『麒麟がくる』の無料動画とあらすじネタバレ感想

→【第3話】『麒麟がくる』の無料動画とあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/