麒麟がくる(大河ドラマ)

第8話『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【同盟のゆくえ】

第17話『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【長良川の対決】

この記事ではドラマ『麒麟がくる』第8話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第8話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『麒麟がくる』の無料動画を視聴する

『麒麟がくる』第8話「同盟のゆくえ」のあらすじ(3月8日放送)

尾張の海辺で、漁師たちから慕われている奇妙な出で立ちの織田信長(染谷将太)を目の当たりにした光秀(長谷川博己)。
この男に帰蝶(川口春奈)を嫁がせていいものかと葛藤する光秀だが、母・牧(石川さゆり)は美濃国の行く末のことを一番に考えることが大事だと告げる。

光秀が自分の気持ちにこたえることがないと分かった帰蝶は、ある条件をつける。

『麒麟がくる』第8話「同盟のゆくえ」のネタバレ感想(3月8日放送)

開幕シーンは明け方に熱田の浜へと漕ぎ寄せてくる一艘の舟。
そこから降り立った信長(染谷将太)の姿を光秀(長谷川博己)はまじまじと見つめる。

そのまま捕れた魚を自ら解体、一切れ1文で売る信長。
やがて去っていく彼の背に向かって光秀は呟く。「奇妙な男じゃ…」

明智荘の館では駒(門脇麦)が帰蝶(川口春奈)に光秀のことが好きなのか訊ねるが、逆に自分はどうなのかと訊ね返されて困惑する。
その駒に帰蝶は、光秀が信長を調べにいった以上は自分を嫁がせたがっているということだ、と漏らしました。

帰蝶は戻ってきた光秀に尾張に行くべきかお前の口から聞きたい、と告げる。
光秀は何かを振り切るように「尾張にお行きなされませ!」と断言。
帰蝶は「十兵衛が申すのじゃ、是非もなかろう…」と哀しげに呟くのであった。

稲葉山城で光秀は斎藤道三(本木雅弘)から帰蝶に嫁入りを承諾させたことを激賞される。
しかし、城外で道三の嫡男・義龍(伊藤英明)と取り巻きたちに囲まれ、土岐頼芸(尾美としのり)の館へと連行されてしまった。

頼芸は道三が独断で織田家との縁組を決めたことを責め、光秀に帰蝶の嫁入りをご破算にするよう義龍を通して命じる。
光秀は織田家と結んだ場合の利点を挙げ、それを拒否。頼芸を引き下がらせた。

父・道三を嫌い、頼芸を実の父だと信じたい義龍は、その思いを母・深芳野(南果歩)に吐露する。
深芳野は思うだけならともかくそれを理由に道三に立ち向かうのはやめておけ、と諭し、しばらくの辛抱を勧めるのであった。

なんとか無事に明智荘へ帰ってきた光秀。
館では京へ帰る駒の送別の宴が開かれていた。
駒は光秀に彼の母から送られた餞別の品を見せます。それは光秀の父の形見でもある桔梗紋が入った扇でした。

翌日、駒は見送りについてきた光秀に、本当は帰蝶を尾張に行かせたくなかったのでは?と尋ねた。
しばしの沈黙のあと光秀は「…そうやもしれぬ」と答え、
それを聞いた駒は「やっぱりそうですものね!」と不自然な大声でいった後、涙声で別れを告げ、去っていくのであった。

帰蝶の嫁入り行列が稲葉山城を発ったころ。
駿河の今川義元(片岡愛之助)は、織田家と斎藤家の縁組が成ったばかりのこの時期を尾張へ攻勢をかける好機と見ていた。
呼び出した三河の領主・松平広忠(浅利陽介)に過去の遺恨を焚きつけ、織田領への侵攻を要請する。

那古野城の一室に白無垢姿で座る帰蝶。
が、肝心の信長が行方不明のようで館中は騒然としていた。
戸惑った様子を見せていた帰蝶は、やがて馬のいななきを耳にして微笑む…。

ラストシーンは館の縁側に座り、お手玉を慣れない手つきで弄ぶ光秀。それはかつて帰蝶が使っていたものでした……。

『麒麟がくる』第8話「同盟のゆくえ」視聴者のネタバレ感想(3月8日放送)

60代男性
帰蝶の頼みで尾張に入った光秀は浜辺で船に乗って帰ってきた信長に会うと信長は魚を売りさばき、お前はいらんのかと光秀に言いますが答えません。
奇妙な男だと光秀は思います。
たしかにとても、信長は風情が武将には見えません。

駒と帰蝶は共に光秀を想っています。
駒は困りましたと言うと、大丈夫だと帰蝶は言い、自分が尾張に嫁に行くと言います。
帰蝶は駒に優しい心使いができて微笑ましいです。

光秀は尾張から帰って来ますが、館に帰らず牧に信長を見て来たと言いますが国のことを思うと悩むようです。
牧は人は消えても山川を守るのが残された者の役目だと言います。
私情を捨てて帰蝶を諦めなければいけない光秀の悔しさが判ります。

帰蝶は海のある尾張に行っていいかと光秀に問うと、光秀は尾張にお行きなされと言います。
帰蝶は少し寂しそうに見えます。
帰蝶の光秀への想いは、はかなく終わったようです。

道三は光秀が帰蝶を説得したのを喜びます。
光秀は道三に信長が、ふがいな若者だとは思うが、うつけ者かどうかわからないと言います。
高政は怒り光秀を呼び出し帰蝶を引きとめなかったのは裏切りだと言います。
高政は光秀を連れ土岐頼芸に会わせます。
光秀の命が危ないと思いました。

頼芸は光安が好きになれないと言い、道三にへつらうからだと言います。
頼芸は信長との同盟は今川を敵に回すと言い、道三の横暴を許さないと言います。高政は光秀に帰蝶を稲葉山から連れ戻せと言います。
ここまで言われては従うしかないと思いましたが、しかし光秀は頼芸に熱田の市を見たかと言い、賑やかな市は見たことがない、港にもたくさんの船が来る豊な国なので、自由に出入りして豊になれるなら戦をせずに豊になれればいいのではと言ったのは驚きです。高政は信秀は信用できないと言います。
それでも光秀は、頼芸の脅しにも屈することがなかったのは心強かったです。
頼芸は、この話はこれまでだと言って帰ってしまいます。
頼芸は放っておけ、信秀はもって1年だと稲葉に言いますが、頼芸の真意は判りません。
高政は帰れと光秀に言います。
高政は深芳野に頼芸の前で恥をかいたと言い、高政は道三は金で動くとさげすみます。
高政は自分が道三の実子ではないと思っているのが、心にわだかまりがあるようです。
それでも高政に家督を継ぐまで大人しくしろと言います。
深芳野のほうが考え方が大人のようです。

光秀は駒を見送りに行きます。
駒は光秀に本当は帰蝶を見送りしたかった、帰蝶を手放したくなかったのではと言います。
気持ちを教えて欲しいと言うと、そうかもしれないと光秀は言います。
駒は残念そうに判ったと言い、光秀との実らぬ恋に終わりを告げたのは、気の毒でした。
天文18年2月に帰蝶が信長に嫁入りします。
太原は今川に尾張を攻めろといい、松平家の恨みを晴らせと言います。ラストは暗雲たちこめる展開です。
帰蝶に信長の行方がわからないと家臣が言います。

次回予想
次回、今川は太原を先頭に尾張に攻めこむようですが、信秀も反撃し松平広忠は今川に応援を求めるようです。
ところが竹千代は戸田によって拘束され熱田の豪商の加藤に幽閉されるようです。菊丸は竹千代を守ると約束しますが、上手くいくのでしょうか。
3月に広忠がなくなるようで、竹千代は織田家に人質にされるようですが、大原が織田信広を生けとりにし、笠置寺で織田との交換条件で今川が取り返すようです。

一方、信秀は信長をうつけものと叩くようですが、信秀の側室の土田御前は長男の信勝を可愛がり、大人しい信勝が家臣の受けも良い様ですが、信秀は本来なら後継者順位3番目の信長に英才教育をしていたようです。
織田家内部と家臣との内輪もめも、みどころです。
しかし道三は信長をただの、うつけものとは思っていないようで、どこまで織田家の行く末を見極めて、信秀との同盟の約束を守るのか結末が見物です。

50代女性
光秀(長谷川博己)は尾張に行き、信長(染谷将太)に会いました。
信長は漁師と一緒に漁をして、それを切り分け、一切れ一文で民に売っていました。

光秀が見た信長の印象は変わった人物だったが、噂の通りのうつけかどうかは分かりませんでした。
帰蝶(川口春奈)に聞かれて、彼は信長のところに行くことを勧めました。
これで斎藤道三の思い通りになりましたが、土岐頼芸(尾美としのり)や道三の息子の高政(伊藤英明)らはこれを反対し続けました。

そんな中、駒(門脇麦)が京へ帰ることになりました。
光秀は駒が京へ帰る途中まで見送りました。

光秀は帰蝶を見送ることをしませんでした。
駒はそのことが気になり、帰蝶を本当は行かせたくなかったのではないかと、光秀に尋ねました。
すると光秀はそうかもしれないと答えました。

今川義元(片岡愛之助)の元にも、美濃の斎藤道三の娘が尾張の織田信秀の息子のところに嫁に行ったことが知らされました。
それを知った義元は織田に戦を挑むことにしました。

ラストの場面では、織田信長のところへ嫁に行った帰蝶でしたが、信長はどこかへ消えてしまいました。
織田家では必死の捜索が続いていましたが、なかなか見つかりません。
そのことを知った帰蝶は何故か少し微笑んでいました。

次回予想
次回は光秀の傍から帰蝶が居なくなり、さらに駒も居なくなりました。
そして光秀にも良い縁談がやってくるようです。

帰蝶と信長の仲がかなり気にるところです。
結末までに、信長がうつけかどうか分かるのかが気になります。

『麒麟がくる』第8話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『麒麟がくる』第8話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『麒麟がくる』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『麒麟がくる』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第7話】『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想

→【第9話】『麒麟がくる』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/