コタキ兄弟と四苦八苦

第12話『コタキ兄弟と四苦八苦』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【愛別離苦】

第12話『コタキ兄弟と四苦八苦』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【愛別離苦】

この記事ではドラマ『コタキ兄弟と四苦八苦』第12話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第12話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『コタキ兄弟と四苦八苦』を無料動画を視聴する

『コタキ兄弟と四苦八苦』第12話「愛別離苦」のあらすじ(3月27日放送)

母の旅館を手伝うため、さっちゃん(芳根京子)が喫茶シャバダバを辞めることになった。
突然の妹との別れに動揺を隠せないコタキ兄弟。
肩を落とす一路(古舘寛治)をしり目にニ路(滝藤賢一)が提案したのは”古滝家一泊二日ツアー”
驚きの提案に慌てる一路だが、さっちゃんは快諾する。
兄弟で過ごす最初で最後の一日。
ついに最終回です!

『コタキ兄弟と四苦八苦』第12話「愛別離苦」のネタバレ感想(3月27日放送)

ミチル(北浦愛)が国家試験に合格した事を、一路(古舘寛治)と二路(滝藤賢一)に報告したさっちゃん(芳根京子)。
改めて2人の交際をお願いしたけど、やっぱり反対されてしまった。

ミチルはそんな両親の事を諦めて、さっちゃんが実家に戻っても一緒に暮らせる様にと、実習先の病院を岐阜に決めていた。
その為、喫茶シャバダバを今月いっぱいで辞める事になったさっちゃん。
ここに来れば、ずっと顔を見れると思っていた2人は動揺する。
それじゃなくても会える日が残り少ないと言うのに、空調の修理が入り、明日が臨時休業。
休みを入れて2連休になるが、何もやる事が無いと言うさっちゃんに「コタキ家1泊2日ツアー」を提案した二路。
一軒家に泊まってみたかった夢でもある事から即決したさっちゃん。

そして当日。
さっちゃんが来る前に「古滝家大掃除タイムスケジュール」と題し、さっちゃんの父親と古滝家の父親が同一人物だと言う痕跡を消す作業に取り掛かる。
家に着いたさっちゃんに「古滝家に居る間は3兄妹の設定で行こう」と体験型アトラクションを提案。
面白そうと乗るさっちゃんに、お前は天才かと喜ぶ一路。
夕飯は寿司を取ろうとしていたが、さっちゃんの希望で闇鍋に。

だが「どうしても、無くてはないものだ」と買い物に出掛けた一路は、4人で暮らしていた頃の古滝家では特別な日の御馳走だった「モモ焼き」を買いに行っていた。

翌朝、どうやって見送るかを話し合っている間に、さっちゃんが2人が父親の痕跡を隠した場所・物置に行ってしまった。
そこから「謎が解けました。2人を他人と思えない感情、何故か懐かしく思えたこの感じ理由が判りました」と狸の置物を指差し言ったさっちゃん。
狸のお腹には「ローマ」と書かれており、ラストの展開で、昔2人に会っていたと話し出した。

『コタキ兄弟と四苦八苦』第12話「愛別離苦」視聴者のネタバレ感想(3月27日放送)

30代女性
さっちゃん(芳根京子)が突然、喫茶シャバダバを辞めると告げたことは驚きました。
しかし、元恋人であるミチル(北浦愛)が国家試験に受かり、良い関係を築けているようで嬉しかったです。
ミチルの両親にはまだ反対されているようですが、二人の決心は固そうなので安心しました。

予想外の報告に兄弟が驚いてしまうのも、無理もないなと思いました。
特に一路(古舘寛治)は、さっちゃんに会うことを日々の楽しみにしていたと思うので、少し心配になりました。
さっちゃんのバイトが2日間休みだと聞いて、二路(滝藤賢一)が自宅に来ることを提案したのは良い案だと思いました。
さっちゃんは躊躇するかと思いましたが、意外とあっさりと受け入れてくれて良かったです。
さっちゃんに、3兄弟として過ごそうと提案したのも良いアイディアだと思いました。さっちゃんから「お兄ちゃん」と呼ばれた一路が嬉しそうで、微笑ましかったです。

3人が本当の兄弟のように夕食を囲む様子は、心が温まりました。
優しく接してくれる二人の言葉に、涙をこぼしていたさっちゃんの姿にも胸を打たれました。
実は過去に3人が会っていたことが判明したのも嬉しかったですが、他の兄弟がいる可能性を二路が話したラストシーンは笑ってしまいました。

40代男性
喫茶シャバダバにて。軽妙に笑うコタキ兄弟。
元カノのミチルの歯科医国家試験は合格と発表するさっちゃん(芳根京子)。
だが、ミチルが改めて、さっちゃんとの女関係を両親に相談したところ、聞く耳を持たないようで。
そして、さっちゃんは、人手不足の母の旅館を手伝う為、飛騨高山に行く事も発表。
今月いっぱいでシャバダバを辞めるそうです。
「ここに来れば、顔見れると思ったのになぁ。毎日」とニ路は言う。
そこで、さっちゃん、うち来る!?

「さっちゃんのお父さんとうちの親父が同一人物である痕跡を隠さないと。」
古滝家の前で顔をしかめるさっちゃん。
兄弟妹という設定で、ご招待したいコタキ兄弟。
だが、本当の兄弟妹だという事を隠し続けている兄弟。「ただいま!」。「おかえり!」。
「いいなぁ、立派なおうち」。「母ちゃんの実家が結婚する時に買ってくれた家」。さっちゃんは、小さい頃から住む所を転々として。兄弟の顔が切なそうに。
兄弟妹の晩餐は、ヤミ鍋。
さっちゃんが一度やってみたかったと。
さっちゃんのおねだりに、目が丸くなって、額に手を当てる一路。

二路の家庭は、妻・有花(中村優子)の勤める中学の教務主任が転任するようで、主夫の評判の悪さからの夫婦の危機は去ったらしいのです。
レンタルおやじは、ソロ活動のみになりそうなコタキ兄弟。
そして、ヤミ鍋に苦しみながら、笑う一路。「2年後、5年後、相手のご両親とわかり合えるかも。重い荷物は大人に任せて、行ってらっしゃい!」(一路)。

そして、五月は小さい時、兄弟に会っていた事を思い出すのです。
また、兄弟も思い出して。愛別離苦。愛する者と別れる苦しみがふつふつと。

だがラストは、二路が気付いた事を一路に。
親父の名前が、零士。兄弟が、一路、二路。そして、五月。
三と四はどこ行った!?。頭を押さえて苦しむ一路でした。

『コタキ兄弟と四苦八苦』第12話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『コタキ兄弟と四苦八苦』第12話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『コタキ兄弟と四苦八苦』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『コタキ兄弟と四苦八苦』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第11話】『コタキ兄弟と四苦八苦』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/