2019年ドラマ

【1話から9話(最終回)】ドラマ『モトカレマニア』の見逃し配信フル動画を無料で視聴する方法|新木優子主演・高良健吾【再放送・2話3話4話5話6話7話8話】

【1話から全話】モトカレマニアの見逃し動画を無料で視聴する方法|新木優子主演・高良健吾

この記事では新木優子さん主演で話題の「モトカレマニア」全話を無料で視聴する方法を解説します。

下弦の月
下弦の月
放送から1週間以上たってしまっても「FODプレミアムFODプレミアム新規登録画面」なら見逃し動画が無料で見放題ですよ♪ わかりやすく説明しますね!

「モトカレマニア」を今すぐ無料で見る

タップできる目次

ドラマ「モトカレマニア」の見逃し配信フル動画を無料視聴する方法

「FODプレミアム」の無料期間で全話見放題

ドラマ「モトカレマニア」の見逃し動画はFODプレミアムの無料期間で安心・安全に視聴できます。

\ まずは1ヶ月無料体験 /

無料で今すぐ見る 

FODプレミアムの詳細はこちら➡️
いつでも解約OK✨


【無料】たった2分の簡単登録で今すぐ「モトカレマニア」を見る>>

FODプレミアムはフジテレビの見逃し配信が魅力的な動画配信サービスです。

「リカ」や「シャーロック」などの話題作が全話見放題‼️

さらに懐かしの月9ドラマ「ビーチボーイズ」「ガリレオ」や「監察医 朝顔」も独占見放題です✨

FOD_独占配信や国内ドラマの一覧

そんな魅力的なFODプレミアムのサービスですが、やっぱり気になるのがそのお値段。

FODプレミアムの月額料金は888円(税抜)です。1日あたり約30円で使えます。

お得ではありますが、それでも有料だと「う〜ん」と悩んでしまいますよね?

でも安心してください。

今ならAmazon Payで登録すれば1ヶ月の無料体験ができるんです✨

無料体験中に「課金したくない!」と思ったらいつでも無料で解約OK🙆‍♀️

当サイトからもたくさんの方が無料体験に申し込んでいるので、安心して試してくださいね😌

無料体験の詳細はこちら 

30代女性
30代女性
FODプレミアムは「監察医 朝顔」を見るために契約しました。PCでもスマホでも見たい時に見れるのがとても便利です。操作もわかりやすくて簡単だし、見たい動画を高画質で視聴できるのがいいですね。FODプレミアムにしかない動画がたくさんあるので週末の楽しみになっています。
FOD配信の話題作

シャーロック(月9)、まだ結婚できない男、リカ、モトカレマニア、監察医 朝顔、ルパンの娘、ガリレオ、101回目のプロポーズ、のだめカンタービレ、コード・ブルー、ワンピース、 あいのり、TERRACE HOUSE(副音声版もあり!) ほか多数(30,000本以上)

下弦の月
下弦の月
私は有料会員です。毎月8の付く日にもらえる400ポイントでマンガ作品が読めてお得なので、なんだかんだ継続しちゃってます✨

\ まずは1ヶ月無料体験 /

「モトカレマニア」を見る

FODプレミアムの詳細はこちら➡️
いつでも解約OK✨


【無料】たった2分の簡単登録で今すぐ「モトカレマニア」を見る>>

TVerなどの見逃し配信サービスで視聴するには?

「モトカレマニア」は、放送日から1週間以内なら無料見逃し配信サービスでフル動画が視聴できます✨

CMが嫌だったり、これより前の放送が見たいときはFODプレミアムの無料期間で快適に視聴してくださいね🚀

違法の無料動画サービスで視聴するには?

PandoraTVやDailymotion、YouTubeなどで違法にアップロードされた動画を視聴すると…

  • ウィルスやスパイウェア感染💀
  • 個人情報の漏洩💀
  • ワンクリック詐欺💀
  • パソコンやスマホの不調💀
  • 違法動画のダウンロード視聴は法律違反💀

危険がたくさんなので絶対にやめたほうがいいですよ😭

ドラマ「モトカレマニア」見逃し配信フル動画配信状況

「モトカレマニア」の見逃し配信をしている有料の動画配信サービスを調べました。

配信状況月額料金(税抜)無料お試し期間特徴
FOD二重丸888円1ヶ月無料フジテレビのドラマ独占見逃し配信◎
Paravi925円30日間TBS・テレビ東京のドラマ独占見逃し配信◎
U-NEXT1,990円31日間NHKのドラマ独占見逃し配信◎
Hulu933円14日間日本テレビのドラマ独占見逃し配信◎
Amazon500円30日間一部新作含め、安価に旧作ドラマが楽しめる
ビデオパス562円30日間テレビ朝日のドラマ独占見逃し配信◎

「モトカレマニア」の見逃しフル動画はFODプレミアム独占配信でした。

2週間以上前の放送話を一気見したい方はFODプレミアムの無料期間で楽しんでくださいね✨

\ まずは1ヶ月無料体験 /

「モトカレマニア」を見る

FODプレミアムの詳細はこちら➡️
いつでも解約OK✨

ドラマ「モトカレマニア」のあらすじネタバレ

イントロダクション

INTRO

見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手ということでもないのに
うまく恋愛ができない難波ユリカ。

その理由は、初めて付き合った彼氏・マコチこと斉藤真との恋愛にあった。
10代、20代の恋は、“恋愛教習所”のようなもので、失敗したり、あがいたり、
みっともなかったりと恋愛スキルを磨くはずだった時期。
だが、その大切な時期にユリカの最初の恋愛は、
あまりにもうまくすんなりと行きすぎた。
好きになった人といい雰囲気になり、自然と付き合う。
これはいま考えると貴重な経験なのだが、ユリカにはその尊さがわからなかった。

自分の就職をきっかけに生まれたすれ違いから、ユリカはマコチを振ってしまう。

「すぐに次の彼氏と素敵な恋愛できるでしょ!」と思っていたが、
次に付き合った男はクズ!2人目に付き合った男はもっとクズ!
さすがに3人目のクズを引く勇気はなく、彼氏も好きな人も作らず、現在に至る。

「好きってなんだっけ??」「恋愛ってどうするんだっけ!?」など、
頭でグルグル考えるだけの日々は過ぎていくなか、
ユリカが出した答えは、

『幸せだった過去の恋の時間に浸っていよう』。

最初に付き合った彼氏・マコチ。
唯一、恋愛で幸せだった頃の思い出。
モトカレの幸せな思い出を、日々の楽しみとして妄想する日々を送るユリカ。

モトカレマニアの爆誕である!!

「現実の恋はドラマみたいにキラキラしているわけじゃない」
とは頭ではわかっているが、
モトカレマニアとして生きることを“幸せ”だと思い込んでいる。

だが、ユリカの美しい思い出に浸る時間を破壊する出来事が起きる。
それは、ユリカのキラキラした幸せの象徴であるモトカレ・マコチとの再会だった。
ユリカが就職した不動産会社の同僚として再び出会うことになるマコチ。
モトカレとの再会は運命か!?それとも……。

FODプレミアムから引用

第1話「最高の元カレ現る!!あなたにも忘れられない恋ありませんか?」(2019/10/17放送)

好きな人が私を好きだと言ってくれた奇跡。
輝いていた。
あの日々の記憶さえ無くさなければ、
私は生きていける――。

現在失業中の27歳・難波ユリカ(新木優子)は、見た目が悪いわけではなく、コミュニケーション下手というわけでもないのに上手く恋愛ができない。その理由は、初めて付き合った彼氏、“マコチ”こと斉藤真(高良健吾)との恋愛にあった。

ユリカは、初めての恋愛で、好きになった人とごく自然に付き合う、という経験をしたが、当時の彼女はその尊さがわかっておらず、些細なすれ違いからマコチを振ってしまう。
だが、次に付き合った男はクズ、その次に付き合った男はもっとクズ……という失敗を経て、上手く恋愛が出来なくなってしまったユリカが出した答えは、『幸せだった過去の恋の時間に浸る』ことだった。

元カレとの思い出を源泉に、切なく甘酸っぱい恋愛描写で人気の小説家・丸の内さくら(山口紗弥加)の小説を愛読し、マコチとの幸せな思い出に浸っては心の中でマコチとの妄想の会話を繰り広げるユリカ。
毎朝SNSでマコチのことを検索する日々を送るユリカは、初対面の男性に対しも“モトカレスカウター”なるものを起動させ、マコチとのかすかな共通点を見つけることに喜びを感じていた。
親友のネイリスト・周防ひろ美(よしこ)は、ユリカを心配し、「不毛なことをしている場合じゃない」「現実を見ようよ」とアドバイスする。
するとユリカは、マニアとはそういうもの、と開き直る。
他人に迷惑をかけず、好きなものに全力で熱中し、浸る――私はモトカレマニアなのだから、と……。

失業保険がもうすぐ切れる上、アパートの更新も近づいていたユリカは、チロリアン不動産の面接を受ける。
社長の安藤一朗(小手伸也)は、部下の大沢将(森田甘路)、白井忠文(関口メンディー)とともに、過去の失敗から、女性とはお酒を飲みに行かない“ハラミ会(ハラスメントを未然に防ぐ会)”を結成するほどリスクヘッジに敏感な男だが、ユリカの強引さに押され、取り敢えず仮採用することを決める。

そこでユリカは、初めてひとりの客を担当することになった。
異動で北海道から上京してきた大手食品会社勤務の理系男子・山下章生(浜野謙太)だ。山下が食べ歩きが趣味のグルメマニアだと知ったユリカは、同じマニア気質を持つ者として彼にシンパシーを抱く。

そんな折、ユリカは、大阪に出張していたというもうひとりの社員と顔を合わせる。何とそれは、マコチだった――。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

ドラマの内容的には「ラブコメディ」になるモトカレマニア。
失業中の難波ユリカ(新木優子)。

モトカレの「マコチ」こと斉藤真(高良健吾)との思い出巡りとか
自撮りは自撮りでも、隣にちょっと空間開けてるとことか…。
足跡でマコチを察知するとことか…。
oh…だいぶイタイ…女性ですね…

って思ってました。
同じ女性でも友達にユリカのような子がいたら本気で心配しちゃいますよ…。汗

マコチはイケメンだけど、どこか抜けてるそんな印象ですね。
偶然にも出張に出ていた社員がマコチだった…。

今まで会うことなんてなかったのにここにきて偶然の再会!!
これは「運命!?」と思ってしまってもしょうがないですよね✨

1番印象が強く残ったのが、ユリカの新しい職場のメンバー。
社長といい、社員といいキャラが濃すぎる

「ハラスメントを未然に防ぐ会」略して「ハラミ会」✨

今後のユリカとマコチの展開も気になりますが、
ユリカの初めてのお客様である山下章生(浜野謙太)もどう絡んでいくのか楽しみです!

下弦の月
下弦の月
最初はイタイと思っていたユリカですが、時間が立つたびに「自分にもこんな時期があったなぁ~…」と共感してしまっていました✨
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第2話「三角関係に急展開!元カレVS元カノマニア!」(2019/10/24放送)

あいつを傷つけた。
そう思った彼は走る。
走って走って。
ただ、愛しいという想いを伝える為に。

ユリカ(新木優子)は、再会したばかりの元カレ・マコチ(高良健吾)からマンションの購入を勧められ、ショックを受けていた。
マコチからその話を聞いた安藤(小手伸也)らチロリアン不動産の面々は、ユリカの気持ちを察し、とりあえず謝った方が良いと告げる。
マコチはその助言に従ってユリカに電話するが……。

そのころユリカは、山下(浜野謙太)と一緒にいた。
そこで、山下が元カノの動向を追いかけている『モトカノマニア』だと知るユリカ。
その元カノとは、山下の部屋から見える看板広告のモデルにもなっている北海道在住のラジオパーソナリティー・来栖むぎ(田中みな実)だった。
食べ歩きという同じ趣味を持っていたことが交際のきっかけだったらしい。

ユリカは、そんな山下に自分も『モトカレマニア』だと告白する。
同じマニアとして大いに共感し合ったふたりは、脱モトカレマニア、脱モトカノマニアを目指し、頭文字をとって脱MKM同盟を結成する。
時間をかけて友だち以上恋人未満の交際をしていくことで、徐々に現実への復帰を果たすことが目標だった。

そんな中、山下と同じ食品会社に勤務する加賀千鶴(趣里)は、山下に興味を抱く。
北海道から栄転してきた将来性と、魚の食べ方がキレイ、というのが理由だった。

一方、マコチと一緒に暮らしている恋愛小説家の丸の内さくら(山口紗弥加)は、マコチの言動から、彼が元カノと再会したことを知り……。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る 

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

マコチ(高良健吾)の妄想まで出てきた第2話。

マコチを避けているユリカ(新木優子)ですが、
ユリカに仕事を教えようと積極的に話かけてきます。

マコチの優しさがゆえ…ですが、ユリカからしたら
マコチゾンビに追いかけられている気分のようですね

~~~

丸の内さくら(山口紗弥加)も少しずつ動き出してきましたね‼️
今いち言動がつかめないですが、マコチの事が好きな様子。
だけど、忘れられない人がいて踏み込めない…❓そんな感じにみえます。

~~~

キャスト陣の中で癒しの存在であるのが山下さん(浜野謙太)。
とても良い人なんです✨

仕事を頑張っているユリカに肉まんの差し入れ
気になっているユリカの背中を押しに行くなんて普通はできないことですよね
それでも山下さんは「好きな人が幸せであればいい」
なんて…良い人すぎます

そんな山下さんを狙っている肉食系女子加賀千鶴(趣里)が出現‼️
グイグイいくタイプの女性のようですね。

もつれて三角関数とかにならなければいいけど…

下弦の月
下弦の月
さくらさんの言動もどっちつかずな感じですが、マコチもそんな感じですよね💦好きか嫌いかハッキリするのが難しいのでしょうか…😰
なんにせよ、今後の展開からも目が離せそうにありません‼️
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第3話「抑えられない…あなたが好き。突然の告白!」(2019/10/31放送)

ユリカ(新木優子)は、マコチ(高良健吾)から、山下(浜野謙太)との恋も仕事も全力で応援する、と言われてしまう。ユリカは、再び『モトカレマニア』としてマコチとの思い出の中で生きる決意を固め、そのショックから復活する。

そんな折、ユリカが配ったチラシを見て、物件を買いたいというひと組の夫婦から連絡が入る。折しも、仮採用期間終了まで残り3日。この契約が成立すれば正社員になれると張り切るユリカ。社長の安藤(小手伸也)は、マコチにユリカのサポートをするよう指示する。

その話を聞いた親友のひろ美(よしこ)は、ユリカのことを心配する。しかしユリカは、かつてアルバイト先の焼き肉店でマコチと出会ったときのように、先輩・後輩という関係に立ち戻る、と宣言する。一緒に仕事をして信頼を育むのは、恋愛よりもずっと尊い関係だと言うのだ。

一方、山下は、食べ歩きマニアが集う『食べログ会』に同僚の千鶴(趣里)を連れていく。その帰り道、山下は、千鶴から、好きになった、といきなり告白される。

ユリカは、マコチとともに、購入を申し込んできた花澤健司(金井勇太)・美希(田中こなつ)夫妻を内覧に連れていく。美希は妊娠中だった。物件を気に入った健司たちは、すぐに申し込みをしたいという。ただ、彼らは他にも申し込んでいる物件があるらしい。そこでマコチは、可能性があるのなら物件を磨いて良さを伝えよう、とユリカに提案するが……。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る 

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

マコチ(高良健吾)が女性を敵に回した(であろう)第3話。

ユリカは正社員になるべく、不動産売買の契約を目指します。
ローンの審査までいったのに

お客さん「心残りはあります」

と。どうやらほかの物件と二重契約してるようですね。

ユリカはその間に「できることをやる」と
周辺MAPを作ったり、庭の草むしりをしたりと一生懸命仕事をします。

が、草むしりに夢中になり熱中症で倒れてしまいます。
たまたまやってきたマコチに助けられユリカは病院へ。

頑張ったかいもあり無事に契約成立✨

~~~

自分の気持ちに素直になりうっかりではあるけれど

ユリカ「好きです。」

とマコチに告白します。

2人は脳内で戦いを繰り広げますが…ファミレスで話をすることに。

マコチ「山下さんがいるのに…」
ユリカ「山下さん?付き合ってないよ」
マコチ「好きだけじゃどういう好きなのかわかんなくて」

まだ逃げれると悩むユリカですが

ユリカ「ごめん、返事ほしいやつです」
マコチ「ごめん、今は返事はできない」
ユリカ「今は??」

2人が勘違いしていたことはスッキリできたようですが、
返事については曖昧でどうにも微妙な感じですね

~~~

ハロウィンの日、ユリカの誕生日だと知ったマコチはプレゼントを渡しに家まで行きます。

そこで事件は起こった‼️

プレゼントを受け取り泣きだしてしまうユリカ。

マコチ「なんで泣くの?」
ユリカ「またマコチから誕生日プレゼントをもらえるなんて…」
マコチ「ユリカ…そんな顔するなって」

からの~~~キス‍❤️‍‍

その現場をたまたま見ていたひろ美(よしこ)。

ひろ美「それで付き合うことになったの?」
マコチ「付き合うとは言ってない」

ここでひろ美がブチ切れ

ひろ美「ふざけんな!最低だよ!私の親友をこれ以上振り回さないで!」
マコチ「…ごめん」

ユリカ号泣

ひろ美「ユリカ頑張ったね、偉いよ」

~Fin~

下弦の月
下弦の月
友達のために怒ってくれたひろ美。
喧嘩中だったけど誕生日をお祝いにきてくれて本当にいい友達ですよね✨
なのにマコチってやつは…
天然でもやっていい事と悪い事がありますよ‼️
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第4話「第一章完結!決別へ 女たちの反撃開始!」(2019/11/07放送)

誕生日の夜、マコチ(高良健吾)からキスされたユリカ(新木優子)は、今でも彼のことが好きだと確信する。
ふたりがキスしているところを偶然目撃してしまったユリカの親友・ひろ美(よしこ)は、キスはしたけど付き合うとは言っていない、と言ってその場から立ち去ったマコチのことを、誠実じゃない、と非難する。
5年前にユリカと別れたときもマコチは何も言わなかった、というのだ。

一方、さくら(山口紗弥加)は、ユリカと食事をした後に立ち寄ったバーで、ずっと忘れられないでいる元カレの駒込和真(淵上泰史)と再会する。
さくらの頭の中に甦る、素直になれなかった中学生時代の思い出。和真の左手には、結婚指輪が光っていた。

山下(浜野謙太)は、好きだと告白してきた同僚の千鶴(趣里)に、好きな人がいる、と告げる。
しかし千鶴は、「私のことは絶対に好きになれないってことですか?」と問い返す。

あくる日、ユリカは重い足取りでチロリアン不動産に出社する。
すると、いきなりユリカを祝福する社長の安藤(小手伸也)らハラミ会の面々。
担当物件の契約が成立したため、ユリカは正社員採用されたのだ。
ハラミ会は、ユリカの歓迎会の準備もしていた。
だがマコチは、熱を出して会社を休んでいた。

その夜、山下が『BARネコ目』をのぞくと、ユリカがいた。
ユリカは、マコチに振られたこと、そして都内で山下の元カノ・むぎ(田中みな実)に会ったことを彼に伝え……。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る 

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

天然という言葉ではおさまらないマコチ(高良健吾)のだらしなさが
露呈した第4話。

キスをされひろ美(よしこ)に怒られたことで黙って帰ってしまったマコチ。
ユリカ(新木優子)とひろ美は2人お酒を飲みながら誕生日をお祝いします。

~~~

次の日、ユリカが出社すると正社員になったことをお祝いする「ハラミ会」
お祝いはマコチが言い出したことなのに、当の本人は熱を出して休んでいました。
どうやらユリカのことを考えて知恵熱を出してしまったようです。

~~~

その夜、「BARネコ目」にはユリカと山下さん(浜野謙太)の姿が。
マコチに振られたことを伝えるユリカ。
むぎちゃん(田中みな実)に会ったことも伝え、すぐに会ったほうがいいと伝えますが…。
山下さんは戸惑いながらも連絡をしようとはしませんでした。

~~~

会社に出社してきたマコチですが、挨拶もしようとせず。

ユリカ「もう一度、話したい」

というLINEも既読スルー。…マコチはいったいどうしたいんでしょうか

~~~

その頃、丸の内さくら(山口紗弥加)は「がんばらなくてもそばにいて」の続きが書けずにいました。

さくら「話したほうがいいんじゃない?いい子そうだし。」
マコチ「いい子だよ。でも別れた時のこと考えちゃって。」

マコチ「また付き合って幻滅させるのが怖くて…。」
さくら「なんでそれを君が決めるの?」

さくらは過去の自分とマコチとユリカのことを重ねてしまいます。

~~~

さくらに誘われてユリカは「がんそば」の聖地巡礼へと足を運びます。

さくら「聖地巡礼っていうか…お葬式。思い出のお葬式。」

と、自分の過去を話します。

ユリカ「次は社会人編ですね。」
さくら「がんそばにはもう続きがないの。だから…終わらせなきゃね。」

寂しげに語ります。

~~~

その頃、マコチはお客様のダブルブッキングというミスをしてしまいます。

マコチ「こういうことがないよう次は…」
大沢(森田甘路)「次?お客さんにとっては1回が全てじゃね?」
白井(関口メンディー)「丸の内先生と一緒に住んでるんですか?だらしないです…」
大沢「大丈夫で乗り切れるほど世の中、甘くないよ。」

と、怒られてしまいます。

~~~

「だらしない」「甘くない」という言葉に落ち込んだのか
その夜、マコチはさくらさんに甘えようとします。
ですが…

さくら「終わりにしよう。」
マコチ「ごめん、俺。仕事ミスっちゃっていろいろモヤモヤしてて。」
さくら「私は斉藤くんとは何も始めたくない。ただそばにいてほしい。それだけでよかった。」

好きな人とマコチを重ねていたことを告白するさくら。

さくら「お互い様だし、気にしないで。」
マコチ「俺はさくらさんがそう考えてることすら気づけなかった。」

マコチ「今までありがとう。」
さくら「私も。ありがとう。」

こうして2人は同居を解消するようです。

~~~

一方、山下さんは告白された千鶴(趣里)に連れられ
むぎちゃんがラジオでパーソナリティを務める場所に。
そこで千鶴にキスされ、むぎちゃんに見られてしまいのです。

むりやりされたのに、むぎちゃんに勘違いされた山下さん…かわいそう

~~~

ラスト

ユリカの家を訪ねたマコチ。

マコチ「傷つけてごめん。キスしたのなんとなくとかじゃない。」
ユリカ「なんとなくじゃないならなんなの?」
マコチ「それは…今は答えられない。自分の中で答えがでない。」
ユリカ「じゃあなんで来たの?」
マコチ「会いたくて。その気持ちは本当。信じてほしい。」
ユリカ「既読スルー。私にとってはとっても大事なことだったの。」
マコチ「ごめん。」
ユリカ「何がごめんなの。」
マコチ「傷つけて…だから話に来た。」
ユリカ「許してくれると思って?こういうのもう終わりにしたい。帰って。」

~~~

雨の中ずぶぬれで歩くマコチに傘を差しだしたのは…なんと山下さん。

山下「マコチさん…どうしたんですか…?」
マコチ「山下さん…」

下弦の月
下弦の月
結局、マコチがどうしたいのかわからないですね💦悪い人ではないのでしょうけど…みているとモヤモヤします💨
1位であたった温泉旅行、ユリカは誰と行くのでしょうか❓
今後のこじれてきそうな山下さんと千鶴、むぎちゃんの関係も気になりますね😊
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第5話「もう恋なんてしない 湯けむり傷心女子旅」(2019/11/14放送)

マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)のもとへ謝りに行ったものの、追い返されてしまう。
失意のマコチ(高良健吾)を救ったのは山下(浜野謙太)だった。
さくら(山口紗弥加)との同居を解消したばかりだったマコチは、山下のマンションに身を寄せた。

一方、ユリカは、失恋の傷を癒すために温泉旅行に出かける。
スケジュールの都合がつかなかったひろ美(よしこ)の代わりにユリカが誘ったのは、さくらだった。

ユリカたちが訪れたのは、草木染めや陶芸などレクリエーションが豊富で、傷ついた女性が現世を忘れるのにぴったりの“自分探しの宿”だ。
そこでユリカは、むぎ(田中みな実)と偶然再会する。
だが、ユリカが山下の知り合いだと知ったむぎは、話すことすら拒否する。

大浴場で再びむぎと一緒になったユリカは、山下とは脱MKM同盟の同志だと自己紹介し、彼がいまでもむぎに思いを寄せていることを伝えようとした。
するとむぎは、自身がパーソナリティーを務めるラジオの公開収録の現場にやってきた山下が、見せつけるように千鶴(趣里)とキスしていたことを話す。
「せっかく忘れようとしていたのに……」。
その言葉を聞いたユリカは、むぎもモトカレマニアだと指摘する。

同じころ、自分を責めて落ち込むマコチを見かねた山下は、いまからユリカのいる温泉に行こうと言い出すが……。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

当たった温泉旅行にさくらと出掛けるユリカ。

ユリカ「もう恋なんてしない。」

と、言うユリカ。
傷心旅行に有名な宿に来てしまったようで、レクリエーションが有名で”自分探しの宿”と呼ばれている。

そこで偶然むぎちゃんと出会うユリカ。
話をしようとするも山下さんの名前を出しただけで拒否されてしまう。

~~~

山下家へ身を寄せるマコチ。自分は最低だと落ち込んでる様子。

一方、旅行先ではむぎちゃんと話しをするユリカ。

ユリカ「つまりむぎさんも…モトカレマニアじゃないですか!」
むぎ「はぁ??」

~~~

落ち込むマコチに温泉へ行こうと提案する山下。

ユリカから送られてきた写真を見て、後ろにむぎがいることに気づき

山下「やっぱり行くのはやめましょう!」

と、行くのをやめてしまいます。

~~~

山下さんの力になりたいと、むぎに山下と話をするよう説得するユリカですが、
むぎは頑なに拒否。

夜、茂みの中から出てきた女性と出会います。
その人は草木染めの先生で、むぎとさくらとユリカと3人で体験してみることに。

先生「同じ植物にも違いがある。正解はない。」

~~~

会社で千鶴から謝られる山下。
どうしたらいいかわからないと悩む山下はマコチに相談。

山下「加賀さんの気持ちを考えると…」
マコチ「エスパーでもない限り、人の気持ちわからなくない?」

自分のことはダメダメなのに、山下さんにはナイスアドバイス…😅

マコチに言われた言葉を考え、自分の気持ちを千鶴にはっきりと伝える山下。

山下「僕には忘れられない人がいる。このどうしようもない気持ちを恋と呼ぶなら、きっとあたなに恋はしていないんだと思う。」

山下は「もう一度、話がしたい」とむぎにLINEを送ります。
が、むぎは削除してしまいます。

話をしたほうがいいと説得するユリカ。

さくら「みんな勝手に動いてる。だからって自分の気持ちからも逃げ続けてたら、本当に欲しいものみえなくなると思うよ。」

考えはするものの、拒否するむぎ。

連絡することをかけて、卓球対決することになるむぎとユリカ。
ユリカが勝ったら山下に連絡。むぎが勝てばこのままリアクション無し。

勝負は卓球クラブに入っていたむぎが優勢。
諦めず立ちあがり続けるユリカ。

むぎ「私の気持ちはあなたにはわからない。」
ユリカ「わかりません。ただひとつわかるのはこのままにしてたらモトカレマニアになっちゃうだろうなってこと。」

むぎ「彼だけは私の気持ちをわかってくれてると思ってたのに!」
ユリカ「そんなの言わなきゃわからない!」
むぎ「私の負けです。楽しかった時のこと思い出したじてんで私の負けです。」

~~~

一方、マコチは山下さんからユリカが5年間モトカレマニアだったことを知り、
ユリカと話をする決心をしました。

マコチ「話せる時に話さないときっと後悔する。」

~~~

ラスト

家に戻った、さくらとむぎ。

さくらには和馬から「多分離婚する」と連絡が入ります。

むぎは山下と会い、ジンギスカンのお店へ。

ユリカは…謎の男と帰宅。
マコチはユリカの家の前で待っていました。

謎の男「誰?」
ユリカ「…仕事仲間っす…」
マコチ「えっと…?」
ユリカ「えっと…かけるくん。」
マコチ「誰…?」

下弦の月
下弦の月
マコチがようやく決心したかと思えば…また一波乱ありそうですね😰さくらさんも…なにやら不穏な空気が💦
山下さんとむぎちゃんは上手くいきそう✨で、とりあえずは一安心といったところでしょうか😅
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第6話「第二章、開幕!恋敵現るも、真の敵は…」(2019/11/21放送)

マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)と向き合って話し合おうと決意し、彼女のアパートを訪れる。
だが、そこに戻ってきたユリカは、源翔(柿澤勇人)という男性と一緒だった。
翔は、ユリカがマコチと別れた後に付き合った元カレのひとり。
ユリカが大切な人だと気づいた、といって突然連絡をしてきた翔は、自分がマコチを忘れさせてやる、とユリカに宣言する。

マコチは、山下(浜野謙太)に翔のことを報告した。
どうしてもユリカのことが気になり、SNSを何度もチェックしていたマコチは、このままではモトカノマニアになってしまう、とこぼす。
すると山下は、『好き』を全力で追いかけられる人しかマニアにはなれない、とマコチに告げる。

一方、さくら(山口紗弥加)は、元カレの和真(淵上泰史)から、多分離婚することになる、という連絡をもらう。
さくらは、どう返信すべきか考えた後、『大丈夫?』とメッセージを送るが……。

チロリアン不動産の大沢(森田甘路)と白井(関口メンディー)は、ユリカとマコチの会話から、ふたりの間に何かあったことを察する。
するとそこに、突然、翔がやってくる。
マンションを探していた翔は、マコチを担当に指名し……。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る 

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

ようやくユリカと向き合う決心をしたマコチだったが、
ユリカは元カレ・源翔(柿澤勇人)と一緒に帰ってきた。

翔「ユリカが大切な人だって気づいた。俺が忘れさせてやる。」

とユリカに宣言。

~~~

肩を落としながら山下家に帰宅したマコチ。
翔のことを報告するとともに、どうしてもユリカのことが気になりSNSをチェック。

山下「このままではモトカレマニアになってしまう…。」

と心配する。

~~~

同じ不動産会社で働く大沢と白井はユリカとマコチの間になにかあったと察知。
白井が問いただしていると、翔がやってきた。

マンションを探してるといろいろ言いながらマコチを担当に指名。
ユリカが担当を代ろうとするも

マコチ「自分で確かめたいんだ。」

と最後までやると決意する。

~~~

マンションの内覧の日。
翔はタクシーで現れ、ユリカではない女性とキスしている現場を
目撃してしまうマコチ。
何も言わないマコチを挑発する翔。
自分のことを言われても黙っていたマコチだったが、
ユリカの事をバカにされた瞬間、翔の胸倉に掴みかかる。

翔「やっぱマコチいいね。だから絶対にユリカは渡さない。」

~~~

会社に戻ったマコチはユリカに

マコチ「やめたほうがいい。幸せになれないと思う。」
ユリカ「なんでそんな事マコチが言うの。」
マコチ「女の人といた。見たくないんだ。ユリカが傷つくの…」
ユリカ「傷つかないよ!そういう人って知ってるから。」

~~~

元カレ・翔とやり直すとひろ美に話すユリカ。

ひろ美「また騙されて…。」
ユリカ「別に好きじゃないから。」

ユリカ「一緒にいる間は楽しいし、欲しい言葉もくれる。こういうドライな関係もいいかなって。」
ひろ美「ユリカはそれをできる関係じゃないと思う。自分のマニア気質舐めちゃダメだよ。」

と付き合いには反対される。

~~~

後日、話があるよユリカが呼び出された先は翔が新しく契約するマンション。
そこには契約をするために翔とマコチがいた。

翔「結婚を前提に付き合ってください。」

プロポーズと告白を同時にする翔。
マコチは見ているだけだった。

~~~

昔のことを思い出しながら写真を撮るマコチ。
ユリカと一緒に行った場所を巡り、自分の気持ちを考えていた。

マコチ「ずっと誤魔化してきたけど…だけど。」

~~~

引っ越し準備を進める翔と一緒に進めるユリカ。

マコチ「待って!」
ユリカ「マコチ…。」

マコチの前に翔が立ちはだかる。

ユリカ「ごめん、マコチ…。」

マコチ「好きだ!」
ユリカ「今さから…」

ユリカの手をとるマコチ。

マコチ「行かないで。情けないこと言ってごめん。」

マコチ「前とは違うけど今の俺もユリカが好きだ。」

隣で見ていた翔。

翔「別れよう。ユリカ幸せになれよ。潔くさよならだ。」

そう言って去って行った。

~~~

顔出しの仕事を断ったことでプロデューサーから冷たくあしらわれてしまうむぎ。

むぎは山下の帰りをコロッケサンドを待っていた。

むぎ「やっぱり許せないかも。けど…許せるかも。」

…キス💕

抱き合いながら北海道の話をする2人。
そんな2人を見てしまった千鶴は複雑な顔…。

~~~

一方さくらは、離婚するかもと聞かされた和馬と自宅で会っていた。
後ろから抱きつかれたサクラは

サクラ「別れてもいいんじゃない…。」

そして2人は……キス💕

~~~

ラスト

マコチはユリカと一緒にユリカの家へ。
そこで改めてマコチはユリカに告白。

マコチ「好きです。付き合ってください。」
ユリカ「…はい。」

キスをし抱き合う2人💕

ユリカ「幸せ。」
マコチ「うん。」

下弦の月
下弦の月
ようやく元サヤに戻ったマコチとユリカ。むぎと山下さんも‼️さくらさんのとこは問題ありだが…💦
ここからは幸せムードが全開かと思いきや…次回予告は波乱を示していた感じ😣
まだここからひと悶着あるのか⁉️
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第7話「仕事か恋か…究極の選択!修羅場の宴!」(2019/11/28放送)

ユリカ(新木優子)は、マコチ(高良健吾)から「好きだ」と告白され、もう一度彼と付き合うことになった。
朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに、幸せを感じるユリカ。マコチは、チロリアン不動産の安藤(小手伸也)たちにユリカとの交際を報告し、皆から祝福を受ける。

一方、さくら(山口紗弥加)は、女性たちに幸せを与え、自身の幸せも追求する輝く女性に贈られる『ハッピーウーマン2019』に選ばれる。
だが、その賞を主催しているのが自身の小説『がんそば』を出している出版社だと知ったさくらは、複雑な心境だった。

ある日、チロリアン不動産に、ユリカが旅先で知り合った草木染作家の桃香(矢田亜希子)がやってくる。
前夫と住んでいた家を売りたいのだという。
マコチは、案件を抱えていたユリカに代わって、桃香の担当を引き受ける。

そんな中、ユリカの発案で、さくらの『ハッピーウーマン2019』受賞祝いのパーティーが開かれることに。
海外ドラマに出てくるパーティーのように、知っている人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい、というさくらのリクエストを受け、山下(浜野謙太)やむぎ(田中みな実)、チロリアン不動産の大沢(森田甘路)、白井(関口メンディー)にも声をかけるユリカ。
すると、ユリカやひろ美(よしこ)の行きつけの店『BARネコ目』を訪れていたむぎは、店にやってきた千鶴(趣里)をパーティーに誘い……。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る 

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

新しい生活。二人の朝。ユリカとマコチ。さくらと和真。むぎと山下。

勤めるチロリアン不動産で、二人の交際を報告するマコチとユリカ。
また、小説家・丸の内さくらは、「ハッピーウーマン2019」を受賞。
そのパーティーは、「パーっと騒ぎたい」というさくらの希望で、ホームパーティーをすることに。
集まったのは、マコチ、ユリカ、チロリアン不動産の大沢、白井、山下、むぎ、山下の男性の友人、加賀千鶴。

むぎが目撃した山下のキスの相手・千鶴は、むぎにとって、「どんな人か気になる」という。
そして、かつてマコチを強く非難した周防ひろ美が来訪。

ひろ美「マコチさんはユリカのどういうところが好きなんですか?」

マコチ「頑張り屋で明るい笑顔がかわいいところ。繊細で悩みやすいところを守らなきゃ」

~~~

そして、「サプライズのできる男」・駒込和真が登場。
小説・「がんばらなくて、そばにいて」のモトカレは、広告業の表情の小さい男。
マコチと二人で話をする。

マコチは、「さくらさんのことを傷つけないで下さい」と。駒込は頷いた。

何かと緊張感があるホームパーティー。
各者の関係の経緯が、パーッと騒ぐより、騒ぎ寄り。

むぎは、千鶴に山下の会社での立場を説明されたが、「声が聞こえてくるだけで安心する地域密着型のラジオをやりたい」と。
来月、北海道に帰ると山下に伝える。
「山下の、ホームパーティーでニコニコしているところが好き。けど、ラジオの仕事も同じくらい好き。」
苦しんだ山下の答えは、「意地っ張りで、プライドが高いところと仕事に誇りを持っているところが好き。だから、邪魔できない。別れよう」だった。

~~~

ラストで草木染め作家の桃香(矢田亜希子)のところへ、物件担当のマコチ(高良健吾)が家に入っていきました。
ここで何かが起こるような予感…。
桃香はもしかしたら恋多き女性なのかも⁉️

下弦の月
下弦の月
次回でむぎはこのまま北海道へ帰ってしまったら、本当に山下とはこれっきりになってしまうかもしれませんね…💦
ですが、大好きなラジオのパーソナリティーの仕事を地元でやりたいと言う気持ちは変えられないのだと思いました。
最終回まで結末は分からないので、二人の復活を望みたいです😭
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第8話「最終章突入!最強の匂わせ女子、登場!」(2019/12/05放送)

ふたりのこれからのことを真剣に考えよう――
マコチ(高良健吾)は、ユリカ(新木優子)にそう言ったものの、自分に自信がないこともあって不安を隠せないでいた。
一方、ユリカは、いきなり将来を意識して尽くし始めるのは重いのではないかと感じながらも、このチャンスを逃せばマコチを失うことになると考え、勝負をかけようとする。
ユリカは、ふたりで一緒に住むための部屋探しを始めるが……。

一方、さくら(山口紗弥加)は、パーティーで泥酔し、そのまま眠ってしまった白井(関口メンディー)のために朝食を準備する。
そんなさくらに心をひかれた白井は、いきなり彼女にデートを申し込む。

そのころマコチは、別れた夫と住んでいた家を売りたいという草木染め作家・桃香(矢田亜希子)を担当していた。
大沢(森田甘路)は、もともと桃香がユリカを指名していた経緯もあることから、公私混同を避ける意味で、マコチと交際していることは伏せておくようユリカたちに指示する。

そんな折、ユリカは、さくらのマンションで山下(浜野謙太)と別れたばかりのむぎ(田中みな実)に会う。
間もなく北海道に帰るというむぎは、山下のことが好きだから自分の生き方で彼の人生を縛りたくない、と笑顔を見せると、さくらと和真(淵上泰史)の話を持ち出す。
ふたりの関係は恋ではなく上手くいかなかった過去への執着に見える、とさくらに告げるむぎ。
その言葉を聞いたユリカは何故か不安を覚え……。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る 

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

マコチ(高良健吾)に「これからのことを真剣に考えよう…」と言われたユリカ(新木優子)は、5年も待った幸せを逃したくないと、必要以上に尽くしてしまいます。
マコチもそんなユリカをずっと幸せにできるのか、自信がもてずにいました。

~~~

マコチは、仕事で桃香(矢田亜希子)の家へ。
ユリカが彼女だと知らない桃香は、マコチの痕跡の残った写真をインスタにあげたり、怪しい行動を始めます。

~~~

むぎ(田中みな実)が北海道に帰る日が決まり、ユリカとむぎはさくら(山口紗弥加)の家に。
むぎは、和真(渕上泰史)との関係を尋ねました。
彼が離婚すると聞き、はっきりさせなきゃという2人ですが、さくらは「忘れられないのは自分の勝手で、これからを望んでいるわけではない」と言います。
むぎは、「それは本当の恋なの?うまくいかなかった過去への執着じゃないの?」と問い詰めます。
それを聞き、ユリカも自分の本当の気持ちがわからなくなるのでした。

なかなか桃香のところから帰ってこないマコチが気になったユリカは、桃香のインスタを見て、あちこちにマコチの痕跡がある写真を見つけます。
本当のことを聞きたいユリカですが、喧嘩したらまたマコチを失ってしまうのではと不安になり何もいえず…。

~~~

2人で住む部屋も決まりますが、桃香の個展を手伝いに行くから今は契約できないと言われ、さらに不安が募るユリカ。

その頃、白井(関口メンディー)からデートに誘われたさくらは、終始振り回されっぱなし。
つい「好きなひと」と、さくらのことを言ってしまった白井は大慌て。
寒そうに息を吐きかけるさくらの手を自分のポケットに引き入れると、「たい焼きを食べよう!」と買いに走るのでした。

~~~

一方、北海道へ戻るむぎを見送った山下は、その後仕事で泥酔。そんな山下を、千鶴(趣里)は放っておけず、
「このどうしようもない気持ちを恋と呼ぶのなら、山下さんにとって失ったら本当に辛い人は誰ですか?山下さんを本当に必要としてるのは誰ですか?」と訴えかけるのでした。

~~~

その頃、マコチからメールの返信がこなくて不安になっていたユリカは、桃香の家へ。
しかしそこでいい雰囲気の2人を見てしまい、傷心で帰宅。帰ってきたマコチに「桃香とキスしようとしていた」と言ってしまいます。
実は、桃香は元旦那が彼女をつれてくると知り、緊張。落ち着くよう深呼吸させていただけだったのですが、勘違いしてしまったユリカは、自分がなぜもう一度付き合いたいと思ったのかもわからなくなり、アパートを飛び出します。

追いかけるマコチですが、見つけることができず…。
ユリカを見つけてくれたのは、山下でした。
泣き崩れるユリカ。
ラスト、マコチはユリカに電話しますがなかなか繋がらず…。

下弦の月
下弦の月
一度芽生えてしまったユリカの不安は根が深そうですね。
さくらが言ってたけど「誰かが幸せになると誰かがしあわせじゃなくなる。」って。
最終回くらいは幸せな人たちがみたいな😢
SNSで話題のネタバレ感想と評価

第9話(最終回)「涙の最終回!最後の告白、未来への決意」(2019/12/12放送)

マコチ(高良健吾)と桃香(矢田亜希子)の関係を疑ってしまったユリカ(新木優子)は、彼に対する気持ちがわからなくなっていた。
事情を知った山下(浜野謙太)は、マコチと向き合えないことを悩むのは、向き合おうと思っているからだ、とユリカを励ます。

同じころ、さくら(山口紗弥加)は、元カレの和真(淵上泰史)から、絶対幸せにするから待っていてほしい、と言われる。
それに対してさくらは、ひとりで考えたいと返す。
さくらは、アパートに帰ることができずに訪ねてきたユリカに、和真のことを打ち明けた。
さくらは、家族を捨てるような人は好きじゃないのに、揺れている自分が面倒くさい、とユリカに告げる。

あくる日、桃香の家を訪れたマコチは、自分で染めた草木染めをユリカにプレゼントするサプライズに失敗したことを話す。
その話を聞いた桃香は、マコチの恋人がユリカだと気づき、誤解を解くためにチロリアン不動産を訪ねる。

その夜、さくらのマンションに、いきなり白井(関口メンディー)が訪ねてくる。
冷え性のさくらのためにプロテインを差し入れた白井は、さくらの人気シリーズ『がんそば』を読み始める。
それがさくらの実体験だと知った白井は…。

そんな中、ユリカは、桃香と会ったことをマコチに伝える。
「全部俺が悪い」と謝り、ふたりで住む部屋の契約に行こうと誘うマコチ。
しかしユリカは、一度距離を置きたいと言いだし…。

FODプレミアムから引用

今すぐ無料で見る 

タップでネタバレ感想を表示する
管理人のネタバレ感想と評価

マコチ(高良健吾)が桃香(矢田亜希子)と浮気してると思ったユリカ(新木優子)は、言い争いになるのが怖くて、部屋を飛び出してしまいます。
それを聞いた山下(浜野謙太)は、向き合えないって悩むのは向き合うって思ってるからだと勇気づけます。

翌日、マコチは桃香にサプライズは失敗したと告げました。
マコチが「もう恋なんてしないと言わせてしまうくらい傷つけてきたから」と呟くのを聞き、桃香はマコチの彼女がユリカだと気づきます。

慌てた桃香はチロリアン不動産に行き、 ユリカにインスタを見せ謝りました。これはユリカにではなく、元旦那が再婚すると聞き、気を引くためにしたのだと。

~~~

その頃、和真(渕上泰史)から「絶対幸せにするから、待っててほしい」と言われ心揺れるさくらの所に、白井(関口メンディー)がやってきました。
さくらの小説を読み、実話だと聞いた白井は「かっこいいけど、僕なら幸せにするなんて言わない。一緒に幸せ探しましょう!って言います」とストレートに言い、さくらはドキドキ。
その後いつのまにか寝てしまったさくらは、 和真といる時は全然寝れなかったのに白井といると爆睡できる自分に驚くのでした。

家に戻ったユリカはマコチに謝り、 マコチも桃香の家に行っていたのは、 自分で作った染め物をサプライズで渡したかっただけと謝ります。
マコチは新しい部屋を契約した後ツリーを見に行こうと誘いますが、ユリカは1回距離をおこうと言います。
マコチは「なんで2人の話を1人で考えようとするの?」と尋ねますが、ユリカは押し黙ってしまいます。
すれ違い、言い争いになった2人は、しばらく時間をおくことにしました。

~~~

2週間後。桃香の家も無事買い手が見つかり、 綺麗な夕日を見たマコチは、ユリカに会いたくてたまらなくなります。
「それが好きってこと」と桃香に言われたマコチは、好きを実感。迷いが吹っ切れます。

~~~

ひろ美(よしこ)に店をオープンするため物件を探してほしいと頼まれたユリカですが、なかなか見つけられません。
そんな時、机の上に資料が置いてあるのを見つけます。
それはマコチがネットワークに出ていない物件を集めてくれたものでした。
マコチも立ち会い、リフォームも視野に物件を紹介すると、俄然やる気になるひろ美と克也。
仲良さそうな2人を羨ましいと思うユリカに「喧嘩ばかりで辛いけど、好きだから一緒にいられる。 いっぱい泣いてぶち切れてもいい。その後2人で笑えばいい」と笑うひろ美。
それを聞いて、ユリカとマコチも思うものがあるのでした。

~~~

さくらは初めて自分から和真を呼び出し、最終巻を渡します。
そして、14歳の時からずっと好きだったと告白。想い出の数だけ書いた本を、1冊1冊和真に渡し、すっきりしたさくらは颯爽と笑顔で歩いて行くのでした。

クリスマス。
白井が一輪の花を持ってさくらを待っていました。
最終巻を読んだ白井は「本の中の2人は結ばれなかったけど僕たちは違う。 僕はあなたが大好きです!!!!!」と叫びます。
2人は幸せそうに、笑い合うのでした。

~~~

一方、山下はむぎに会いに北海道へ。
「会社をやめて大学の研究室に戻るので、もう一度付き合ってほしい」と言う山下に、むぎはまだ行ったことのない店の名前を次々と上げ「全部行こう!」と喜び合うのでした。

そんな山下とむぎから、ユリカにメールが。
そこには幸せそうな2人の写真と、ユリカの言葉に背中を押されたという山下の言葉が。

『好きなものは好きでいい。

好きなものを全力で追いかけることは何も悪くない。』

それを見て、ユリカは忘れかけていたマニアの心を思い出し、マコチの元へ走り出します。
ツリーの照明が消え、ユリカはがっくりと座り込み、電話をしました。
すると、 近くで呼び出し音が 。
マコチが小さなツリーを抱えて走ってきたのです。

そんなマコチにユリカは少し呆れながらも「大好き!」と伝えました。
「変わろうと思ってもこれだけは変えられない。マコチマニアだけはやめられない」

ラスト、何度も何度も2人は幸せそうに微笑むのでした。

下弦の月
下弦の月
さくらだけ相手は違うけど、みんながそれぞれハッピーエンドになる結末でよかった😊スペシャル版があるとしたら…合同結婚式とかやってほしいですね♪
SNSで話題のネタバレ感想と評価

下弦の月
下弦の月
恋愛で誰もが感じる”あるある”をコミカルに描いているラブコメディー💕笑いあり、泣きありで毎週とても楽しかったです✨

ドラマ「モトカレマニア」の作品紹介

ドラマ「モトカレマニア」は新木優子さん主演で話題を呼んでいる木10ドラマです。

  • ラブコメディーの作品が好き
  • 新木優子さんのファン
  • 高良健吾さんのファン
  • 原作アニメのファン

そんなあなたはぜひ観てくださいね✨🙏✨

ドラマ「モトカレマニア」の放送スケジュール

  • 毎週木曜22:00からフジテレビ系列で放送<※放送終了>

ドラマ「モトカレマニア」の主要キャスト

  • 新木優子
  • 高良健吾
  • 浜野謙太
  • 田中みな実
  • よしこ
  • 森田甘路
  • 関口メンディー(EXILE/GENERATIONS)
  • 加藤虎ノ介
  • 大地
  • 大倉空人
  • 井上翔太
  • 趣里
  • 小出伸也
  • 山口紗弥加

ドラマ「モトカレマニア」の主要スタッフ

  • 脚本:坪田 文
  • プロデュース:草ヶ谷大輔
  • 演出:並木道子、相沢秀幸、関野宗紀
  • 音楽:田渕夏海、中村巴奈重
  • 制作著作:©️フジテレビ

ドラマ「モトカレマニア」の主題歌

▼主題歌
超特急「Revival Love」(SDR)

▼オープニングテーマ
安田レイ「アシンメトリー」(ソニー・ミュージックレーベルズ)

ドラマ「モトカレマニア」の原作

瀧波ユカリさんの同名マンガが原作です。

今なら「マンガBANG」というアプリで1巻の89ページ目まで期間限定で無料で読むことができます

下記のリンクから無料でダウンロードできるので気になる方は読んでみてください。

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

マンガBANG!人気漫画が毎日読めるマンガアプリ

Amazia, Inc.無料

★★★★★★★★★★

ドラマ「モトカレマニア」の公式サイトやSNS

公式サイトモトカレマニア
Twitter公式アカウント
YouTubeフジテレビ番組動画

ドラマ「モトカレマニア」の最新情報やSNSの話題

ドラマ「モトカレマニア」の見逃し配信フル動画を無料視聴する方法のまとめ

この記事ではドラマ「モトカレマニア」の見逃しフル動画を無料で見る方法を解説しました。

まとめ
  • 「モトカレマニア」全話見逃し動画が見られるのはFODプレミアムだけ
  • 1ヶ月の無料期間で「モトカレマニア」の全話が見放題
  • 無料体験中はいつでも無料で解約可能
  • 放送終了後1週間以内ならTVerなどでも視聴可能
下弦の月
下弦の月
ラブコメディーが好きな方におすすめのドラマです!毎回出てくる性格の違う心の声にも注目して観てみてくださいね✨

気になる方は無料体験ができる間にぜひ試してみてくださいね♪

\ まずは1ヶ月無料体験 /

無料で今すぐ見る 

FODプレミアムの詳細はこちら➡️
いつでも解約OK✨


【無料】たった2分の簡単登録で今すぐ「モトカレマニア」を見る>>

本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はFODプレミアムにてご確認ください。
2020冬ドラマ早見表
2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画一覧はこちら

\あなたにおすすめ/