病室で念仏を唱えないでください

第10話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【救わない勇気は僕にはない】

第10話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第10話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第10話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画を視聴する

『病室で念仏を唱えないでください』第10話「救わない勇気は僕にはない」のあらすじ(3月20日放送)

特別ゲスト:谷花音

通り魔事件が発生し、松本(伊藤英明)、吉田(谷恭輔)、田中(片寄涼太)、児島(松本穂香)、長見(うらじぬの)ら救命救急センターの面々がドクターカーで現場に急行した。
心臓部を刺されてショック状態の被害者・木村敦子(菅井玲)の傍では、娘の尚(谷花音)が必死に母に呼び掛けていた。
すると、近くで刃物を持った男を見た松本は、思わず犯人に駆け寄り揉み合うことに…。

一方、松本が父のように慕う憲次(泉谷しげる)が、自宅で倒れ搬送されてきた。
ガン治療に前向きに取り組んできた矢先のことだった…。

医師とは何か…?救うとは何か…?
思い悩む松本に、三宅(中谷美紀)や濱田(ムロツヨシ)は…。

『病室で念仏を唱えないでください』第10話「救わない勇気は僕にはない」のネタバレ感想(3月20日放送)

通り魔事件が発生し、松本(伊藤英明)らが現場へ駆けつけた。
出血性ショックの女性のところへ行き処置していると、そこにナイフを自分の首に当て自殺しようとする男がいた。
松本が止めに入り、男は命に別状なく病院に運ばれる。
ショック状態の女性・木村敦子(菅井玲)は手術は成功したが、予断は許さない状況だった。
娘の尚(谷花音)はどうして犯人を助けるのかと松本を責めるが、
「命を救うのが仕事だから」としか言えなかった。
事件を起こした男を救命することに研修医の田中(片寄怜太)も積極的にはなれず、尚の気持ちが分かると児嶋(松本穂香)も同調。
通り魔の犯人が頭痛を訴えていると聞き、急いで病室へと向かう松本だったが、憲次(泉谷しげる)が緊急搬送されると聞き、そちらを優先してしまう。
自分の行いを反省していた松本に三宅(中谷美紀)は、
「人間らしさは10段階中10、煩悩上等」と励ます。

憲次は脳幹にも転移が見つかり、もうこれ以上積極的な治療ができない段階になっていた。
濱田(ムロツヨシ)に憲次の容態について聞かれた松本は、医師として出来ることはもう何もないと伝える。
濱田は憲次の病室に面会に行く。
他の医師たちも看護師たちも憲次の面会にたびたび訪れ、憲次の病室はいつも賑やかだった

木村の意識が戻り、尚が松本に謝りに来て医者になりたくなったと告げる。
その時憲次の容態がさらに悪化し、意識がほとんどない状態になる。
松本は憲次におじさんは自分に出来ることは何もないと言ったけど、濱田先生は弱音を吐いて優しく笑うし、三宅先生は普段張り詰めているのにホッとする、みんな楽しいって言ってる、居てくれるだけで救われてると伝える。
そして自分は医者になったのに、坊さんになったのに何もできなかった、救えなかったと泣いていた松本。
緊急コールが入り、行ってくると言って部屋を出て行った。
その時、憲次は薄れゆく意識の中で微笑んでいた。

患者の処置を松本と濱田がしていると、周りの騒々しさにイライラして手を止める濱田に研修医の頃みたいだと松本が言う。
手術が終わり、閉胸の段階になった時、濱田は松本に憲次のところに行くよう促す。
松本が病室についた時、既に息を引きとった後だった。
家族から人生会議の冊子を渡された松本は、最後の見送りは照くんの念仏が楽しみだと書いてあるのを見て、病室で泣きながら大きな声で念仏を唱えるのだった。

濱田は研修医の田中が大病院の御曹司と知り、ハートセンター設立に向け、心臓外科に田中を誘う。
病室で念仏を唱えたことで理事長から注意を受けたセンター長は副院長になることが決まった。
ラストシーンは照円が袈裟のまま、救急の倒壊事故の患者のところへ向かう姿だった。

『病室で念仏を唱えないでください』第10話「救わない勇気は僕にはない」視聴者のネタバレ感想(3月20日放送)

30代女性
救命救急センターの医師たちが駆け付けた現場に犯人が現れ、自殺を図ろうとしたシーンはヒヤヒヤしました。
止めに入った松本照円(伊藤英明)が巻き込まれたのではないかと焦りましたが、無事で良かったです。
犯人の処置を終えたあと、被害者・木村敦子(菅井玲)の娘である木村尚(谷花音)が、助けた松本に対して怒りを表していたことは理解できました。
松本は医師としては当然のことをしたと思いますが、被害者側のやりきれなさを考えると複雑な気持ちになりました。

がん治療に取り組んでいた宮寺憲次(泉谷しげる)に、治験薬が効かなくなってしまったことは悲しかったです。
しかし、宮寺の病室を訪れるなど、濱田達哉(ムロツヨシ)が気に掛けてくれていたことは嬉しかったです。
宮寺のギター伴奏で、気に掛けてくれていた他の医師たちも一緒に歌っていたシーンは心が温まりました。
宮寺が危篤状態のときに、救急要請を受けた松本がその場を離れなければならなかったのは残念でしたが、宮寺が微笑んでいて切ない気持ちになりました。
息を引き取った宮寺が、松本の念仏を楽しみにしているという言葉を残していたことには胸が熱くなりました。
救急救命も心臓外科も協力し合うラストを見ることができて、本当に良かったです。

40代男性
通り魔事件が発生して現場に急行する救急センターの面々がいました。

必死に刺された被害者達の手当てをしていると刃物を持った犯人が自殺を図ろうとするのでした。

それを松本(伊藤英明)が止めて犯人の自殺を食い止めて犯人の命を救うのでした。

犯人を救ったことで被害者の娘から非難を受ける松本でしたがその言葉に対して助けることが仕事だからと伝えることしか出来ない松本でした。

どんな人間でも目の前にいる患者を救うということしか出来ない松本がいました。

一方、憲次(泉谷しげる)のほうはガンが転移して治験薬が効かなくなったことから延命治療はせずに死を受け止めることを決めるのでした。

そんな憲次の状況を知った救命救急のメンバーや濱田(ムロツヨシ)などが憲次を見舞ってあげて、歌を唄ったりダンスをしたりして憲次を勇気づけるのでした。

そして憲次が最期を迎える際に松本は見届けようとしていましたが多重事故の患者達が入ってくるアナウンスが流れます。

松本は憲次に行ってくるからと伝えて去って行くと憲次は笑みを浮かべるのでした。

松本が処置を終えて帰ると憲次は亡くなっていました。

ラストは松本が憲次のためにお経を読んであげて憲次に別れを告げるのでした。

『病室で念仏を唱えないでください』第10話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『病室で念仏を唱えないでください』第10話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第9話】『病室で念仏を唱えないでください』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/