病室で念仏を唱えないでください

第5話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【大往生の前で】

第10話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第5話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第5話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画を視聴する

『病室で念仏を唱えないでください』第5話「大往生の前で」のあらすじ(2月14日放送)

特別ゲスト:榊原郁恵、温水洋一、品川徹

虐待によって救急に運び込まれ、亡くなってしまった少女。
その少女の義父に怒りを抑えられず殴ってしまった松本(伊藤英明)は、警察に逮捕され、あおば台病院から無期限の出勤停止処分となってしまった。

そんな中、謹慎中の松本は、師匠・円明(団時期)の昔からの友人、石川祐三(品川徹)が漏水で臨終が近いと知らせを受けたことを知り、すぐに医療器具を持参し円明の弟子・唯円(葵揚)と共に、石川家へと向かった。

一方、濱田(ムロツヨシ)の反応を気にしていた心臓外科医の児島(松本穂香)が救命救急への配置換えを直訴、転科してくる。

『病室で念仏を唱えないでください』第5話「大往生の前で」のネタバレ感想(2月14日放送)

少女が義父から性的虐待され亡くなり、松本照円(伊藤英明)が義父を殴ったことで無期限の出勤停止処分となってしまった。
松本は反省はしていたが後悔はしていないと言い、この間に僧侶として任務を果たし、一人の老人・石川さんの最後を看取り念仏を唱えた。

脳神経外科医の児島真白(松本穂香)は松本に刺激を受け、救命救急に配置を希望してやって来ることになったが、スタッフや患者も松本がいないことを気にかけていた。

松本は川で溺死した友人の父・宮寺憲次(泉谷しげる)から、もう事故のことは忘れ、医者として頑張れと励ます言葉をかけられる。
松本は胸を締め付けられる思いで涙ぐむ。

その帰り、途中で工事中の事故現場に遭遇し医者だと告げ駆けつける。
そのまま救命救急に付き添い、謹慎処分中であったが理事長から復帰を命じられオペを執刀することに。
スタッフからの温かい歓迎に松本は、児島が救急に来たことを始めて知る。
松本は住職に自分の行いに反省し、少女を救えなかったことに悔やむ姿と医師としての意思を表明。

松本がオペで助けた患者だが、死なせて欲しいと言った理由に保険金を手に入れたかった思いを知り、松本は担当となり心も救うと三宅涼子(中谷美紀)に告げる。

ラスト

松本は幼馴染の父・憲次(泉谷しげる)から肺腺癌だと聞かされる…。

クイーン
クイーン
次回は憲次がオペが出来ないガンと知り治療を拒み、松本が医師として僧侶として助言して、憲次が延命を望むのか気になります。

『病室で念仏を唱えないでください』第5話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『病室で念仏を唱えないでください』第5話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第4話】『病室で念仏を唱えないでください』のあらすじネタバレ感想

→【第6話】『病室で念仏を唱えないでください』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/