病室で念仏を唱えないでください

第7話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【ありのままに生きるとは…】

第10話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第7話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第7話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画を視聴する

『病室で念仏を唱えないでください』第7話「ありのままに生きるとは…」のあらすじ(2月28日放送)

特別ゲスト:戸田菜穂、萩原みのり、近藤公園、淵上泰史

あおば台救命救急センターにスーパーで転倒し意識不明の前田鮎子(戸田菜穂)が搬送されてきた。
三宅(中谷美紀)は鮎子が持っていたメモを見つけるが、そこには「自分は末期の乳がんで心肺蘇生は望まない」ということが書かれていた。
鮎子の意識が戻り、松本(伊藤英明)はチャプレンとして彼女の心に寄り添う。
そんな中、松本は突然鮎子をデートに誘う。

次いで、交通事故の患者が搬送されてきた。
ケガをしたのは桑島悟という14歳の少年で、緊急手術しなければならない状態だった。
松本は悟の心臓あたりに小さな古い手術痕を見つけ、早々に手術を始めようとしたとき、濱田(ムロツヨシ)と瀬川(安井順平)が突如オペ室に入ってきて、松本を突き飛ばすように少年の手術を開始する。

一方、濱田からの度重なる暴言に耐えかねた瀬川は、初めて反論し2人は言い争うに。
その現場に居合わせた松本は、掴み合いになる2人を制止すると、濱田の胸元に手術痕があることに気づく…。

『病室で念仏を唱えないでください』第7話「ありのままに生きるとは…」のネタバレ感想(2月28日放送)

がんの治療を拒否する宮寺憲次(泉谷しげる)を説得する松本照之(伊藤英明)に、憲次は家族に迷惑をかけたくないのだと言います。

救急で運ばれてきた先天性心疾患の緊急手術に濱田達哉(ムロツヨシ)が現われ、成功させます。
礼を言う松本に、濱田は珍しい症例だったのでやった、助かるべき命が助かっただけと言います。

瀬川修二(安井順平)が、濱田が裏で進めていた計画を漏らしてしまい、濱田に激しく叱責されます。
濱田は子供用のハートセンターを病院に設立しようとしていました。
濱田は幼い頃に心臓の手術を受けており、もっとたくさんの子供の命を救いたいと思っているようでした。

もう一人、救急に運ばれてきた前田鮎子(戸田菜穂)は末期のがんで、以前、男と駆け落ちして娘を捨てたことを松本に語ります。
そして娘に憎まれたまま、情けない死に様を見せるのが最後の仕事だと言います。

やがて鮎子が倒れ、松本は娘を病室に入れ、望み通り娘に罵倒されながら、鮎子は息を引き取りました。
鮎子の遺体の爪が真っ赤に染められていることに松本は気付きます。
松本は鮎子が行きたがっていたショッピングモールに、ネイルの店があったことを思い出します。その店でネイルを塗っていたのが、鮎子の娘でした。

松本はあらためて憲次の家を訪ね、自分と憲次は家族ではないが、友達になって欲しいと語ります。
家族の説得もあり、憲次はがん治療を決心します。

ラスト、救急に患者が運ばれてきます。患者は生活に困窮しているにもかかわらずペースメーカーを埋め込んでおり、他にも似た事例があったことから、松本は児島眞白(松本穂香)に、詳しく調べるように言うのでした。

下弦の月
下弦の月
次回、ペースメーカーにまつわる不正が紛糾し、もしかしたら警察沙汰にもなるのかもしれません。そんな中、松本と濱田はそれを隠蔽するか否かでまた対立しそうです。命を救わない正義と命を救う不正義の対立。どのような結末を迎えるのか楽しみです。

『病室で念仏を唱えないでください』第7話「ありのままに生きるとは…」視聴者のネタバレ感想(2月28日放送)

30代女性
家族ではなく自分の望むようにしてほしいと伝える松本照円(伊藤英明)に対して、幼馴染の父・宮寺憲次(泉谷しげる)が亡くなった息子に会いたいと告げていたシーンは切ない気持ちになった。
宮寺が家族に迷惑を掛けたくないと思う気持ちも、松本が自分の命を優先してほしいと思う気持ちも両方とも理解できるので難しい問題だと思う。
これまで救急に対して非協力的だった濱田達哉(ムロツヨシ)がヘルプに来てくれたのは驚きましたが、裏があったことに納得。
いつも濱田の顔色を伺いながら仕事していた印象のある瀬川修二(安井順平)が、濱田とぶつかったことは驚いた。
濱田の言動は相手に対してリスペクトがないので、瀬川が腹を立てるのは無理もない。
濱田は横柄なところはありますが、命を救いたいという思いは伝わってきたので、もう少し柔軟になればいいのにな…。
松本が宮寺と二人でキャンプを楽しんでいた様子は、熊から逃げるシーンも含めて心が温まった。
宮寺が自身の想いを綴っていたブログの内容は理解できると同時に、もし自分の身近な人が書いていたものだとしたら辛いなと思う。
松本と宮寺がラストに腹を割って話していたシーンは、お互いの気持ちが伝わってきて涙が溢れてしまった。

次回予想
次回はペースメーカーを入れた生活保護の患者が数人見つかったことに疑問を抱いた松本たちが、驚くべき事実を発見するのではないかと思います。濱田と会っていた投資家や医療コンサルタントが、この件に関わっていることが判明する結末になるのではないか…!?

20代女性
濱田先生は、救命に運ばれてきた患者のオペを手伝い、助けるべき人を助けたと言っていたが、オペをして救命のメンバーを助けてあげたんじゃないかなと思う。
おじさんに生きる力を持って欲しい、諦めないでほしいと思った松本先生は、同僚の会話をヒントにキャンプへ行き、おじさんとの共通点や親近感を持たせ、寄り添うことで、病気についての真剣な話をしようとしたが、出来なかったシーンで、真剣な話をしようとしながらも、中々話すことが出来ず、キャンプに来ていた女性にデレデレしてしまったり、クマに遭遇して焦って2人で逃げたりするシーンが、本当の親子みたいで、見ていてのほほんとした気持ちになった。

乳がんの末期の患者さんに寄り添うために、デートにいった松本先生。
最後は、乳がん患者さんの願いであることをしっかりと叶えてあげた松本先生が素敵だなと思ったし、本当に人それぞれの最期があるんだなとしみじみ思った。娘さんが、お母さんを憎みながらも職業であるネイルを亡くなったお母さんにしてあげる姿が本当に感動した。自分にはどんなラストがあるんだろうと…。

松本先生は、おじさんの元へ行き、自分のためではなく、俺のために1日でも長く生きて欲しいということを涙ながらに伝えるのを見て、本当に感動した。
私も、自分のためではなく、自分を必要としてくれる人のために最期を生きられたらなと思った。

次回予想
ラストで、おじさんが1日でも長く生きられるように、松本先生に医者として、お願いしたいと言っていたので、癌と闘い、松本先生のためにも1日でも長く行きようと頑張るんじゃないかなと思う。
ペースメーカーをいれた患者が次々と短期間に亡くなっていることを発見した松本先生が、何に気づいたのか、次回も楽しみです。

『病室で念仏を唱えないでください』第7話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『病室で念仏を唱えないでください』第7話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第6話】『病室で念仏を唱えないでください』のあらすじネタバレ感想

→【第8話】『病室で念仏を唱えないでください』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/