病室で念仏を唱えないでください

第9話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【仲間を救え!天才の涙─】

第10話『病室で念仏を唱えないでください』あらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『病室で念仏を唱えないでください』第9話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第9話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画を視聴する

『病室で念仏を唱えないでください』第9話「仲間を救え!天才の涙─」のあらすじ(3月13日放送)

特別ゲスト:大西礼芳、清塚信也、近藤公園、淵上泰史

濱田(ムロツヨシ)が担当した、心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)の3歳の孫・川崎美咲(中野翠咲)の容態が急変した。
すぐに松本(伊藤英明)が対応し、濱田も駆けつけ緊急オペが行われたが、オペの失敗が発覚、投資家リチャード・ポー(近藤公園)から融資を断られてしまう。

小児洋ハートセンター設立をあきらめられない濱田は、もう一度チャンスが欲しいと、難しい手術の公開オペを提案する。

一方、松本が父のように慕う、憲次(泉谷しげる)のがん治療が始まった。
ステージ4の肺腺がんである憲次の治療は厳しいが、松本の懇願により治療薬での治療は決意していた。
投薬を開始し、経過は順調に思われたが…。

『病室で念仏を唱えないでください』第9話「仲間を救え!天才の涙─」のネタバレ感想(3月13日放送)

心臓外科学会理事長(きたろう)の孫である美咲(中の翆咲)が急変して致死性不整脈を起こし、PCPS、開胸新マッサージなどの効果なく亡くなってしまう。
理事長は孫を助けられなかったショックで辞任することを決意し、濱田(ムロツヨリ)に力になれないと言って去ってしまった。
投資家のリチャード・ポー(近藤公園)が手術の失敗、後ろ盾なし、見込み数値の改ざんを理由に融資を断ってくる。
腕には自信があるので次のバイパス手術を見てから決めてくれと、濱田は公開手術を提案。

公開手術の日、開始間もなくして濱田の手が震え始め、それに気づいた照円(伊藤英明)は手術室から濱田を連れ出し、濱田に諦観ろと仏教の教えを伝える。

治験による肺癌治療を開始した憲次(泉谷しげる)でしたが、予後が厳しいのは変わりないため、照円は人生会議について説明。
しかし家族は死ぬみたいだ、縁起でもないと否定されてしまう。

病院の中庭で憲次と濱田が再会。
濱田が慰謝になった理由を聞き、照円が幼少期に友達を溺水でなくしてから水泳選手になって日本一になって医者になったと話しをする。
濱田も照円も誰かを救うことで自分が救われるのだと、憲次に同じことを話していた。

外出許可の出た憲次と一緒に、照円はハジメが亡くなってから初の釣りに出かける。
ハジメのことを思い出し、もっと早く一緒に泣いて悲しめば良かったと2人で泣きながら話す。

美咲の母親から(大西礼芳)から、美咲が砂遊びが好きだったことを聞いた照円は濱田を公園に連れて行き、砂場で一緒にパンダを作りだす。
その直後、公園の横で男性が倒れ、急性大動脈解離の診断で手術をすること。
震える手でメスを持つ濱田に照円は横で念仏を唱え、手術は無事成功。

術後、濱田から礼を言われるかと思った照円は迷惑迷惑迷惑と念仏のようにつぶやかれ、発狂。

ラスト
通り魔事件で重体の患者がいるという一報が救急部に入りました。

下弦の月
下弦の月
次回は通り魔事件が発生。犯人はまだ捕まっていないようだ。
負傷して病院に戻った照円は、自宅で喀血して倒れた憲次の対応をすることになるのではないか?救命できるとは思うが、悲しい結末になってしまうのではないかと思う…。

『病室で念仏を唱えないでください』第9話「仲間を救え!天才の涙─」視聴者のネタバレ感想(3月13日放送)

40代男性
濱田(ムロツヨシ)が手術をした川崎美咲(中野翠咲)の容態が急変して亡くなってしまうのでした。
それにより悲しみにくれる濱田がいました。
そして孫の美咲を亡くした心臓外科学会の理事長・大貫(きたろう)から小児用ハートセンター設立の協力を断られてしまうのでした。
追い打ちをかけるように投資家のリチャード・ボー(近藤公園)からも融資を断られてしまう濱田だったがもう一度チャンスを与えて欲しいと難しい手術の公開オペを提案するのでした。

しかし手術中に手の震えから手術の続行が不可能になってしまい小児用ハートセンターの設立は消滅してしまうのでした。
落ちこむ濱田はどうしようも無くなったと松本(伊藤英明)に助けを求めてきますが、松本は行くぞと伝えて砂場に連れて行くのでした。
松本は川崎美咲が遊びたかった砂場で砂遊びを濱田とするのでした。
すると倒れている人を見つけた2人は患者の容態を確認し緊急手術をすることになります。
松本は濱田に手術するように説得し濱田は手術することを決意します。
そして手術中に手の震えが止まらない濱田を必死にお経を読みながら応援する松本。
その気持ちに応えるようにラストは手の震えから抜けだした濱田が手術を成功させるのでした。

次回予想
次回最終回ということで憲次が亡くなってしまう流れになるんだろうなと感じます。松本が最後どんな風に憲次の為に尽くしてあげるのか結末を含めて楽しみです。

30代女性
濱田達哉(ムロツヨシ)が長時間の心臓マッサージをしても、川崎美咲(中野翠咲)が息を吹き返すことはなかったのは本当に残念でした。
美咲を救うことができなかった濱田の悔しさが伝わってきて、胸が痛かったです。
美咲の手術のことを受けて、投資家のリチャード・ポー(近藤公園)が融資の中止を決めたのは予想通りでした。
公開オペで手が震えて手術ができなかった濱田のことが心配になりましたが、松本照円(伊藤英明)が気に掛けてくれて少し安心しました。

がん治療が始まった宮寺憲次(泉谷しげる)が前向きな気持ちで頑張っている姿は応援したくなりましたが、現実的な今後のことを話す松本に対して宮寺の娘の宮寺あや(土村芳)が反発してしまう気持ちも理解できました。
治療を勧めたものも宮寺の意志を尊重したいという松本の気持ちもわかるので、複雑な問題だと思いました。
宮寺と二人で釣りに出かけた松本が、亡くなった宮寺の息子について素直な気持ちを話すことができたのは良かったです。
松本と濱田が亡くなった美咲のことを想いながら、砂場遊びをしていたシーンは胸が熱くなりました。
お経を唱える松本のサポートもあり、濱田が無事にオペできて安心しました。
今回のラストで宮寺が倒れていたので、とても心配です。

次回予想
次回は通り魔事件が発生した現場に松本たちが駆け付けるようですが、救命救急センターは慌ただしい状況になりそうです。
また、倒れてしまった宮寺に松本は現在の状況を伝え、宮寺が自分の意志を決断する結末になると予想しています。

『病室で念仏を唱えないでください』第9話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『病室で念仏を唱えないでください』第9話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『病室で念仏を唱えないでください』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『病室で念仏を唱えないでください』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第8話】『病室で念仏を唱えないでください』のあらすじネタバレ感想

→【第10話】『病室で念仏を唱えないでください』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/