パパがも一度恋をした

【第8話】ドラマ『パパがも一度恋をした』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【おっさんフォーエバー!後編】

【第8話】ドラマ『パパがも一度恋をした』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『パパがも一度恋をした』第8話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第8話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『パパがも一度恋をした』の無料動画を視聴する

『パパがも一度恋をした』第8話「おっさんフォーエバー!後編」のあらすじ(3月21日放送)

おっさん多恵子(塚地武雅)の中にいる多恵子(本上まなみ)が天国に戻るまであとわずか。

そんな中、突然おっさん多恵子が警察に追われることに。
実はおっさん多恵子の外身は詐欺容疑で指名手配中の川上辰夫(塚地武雅・二役)という実在の男だった!
警察を振り切りなんとか山下家に戻った吾郎(小澤征悦)とおっさん多恵子。
するとふいに、辰夫の人格が現れて!?

『パパがも一度恋をした』第8話「おっさんフォーエバー!後編」のネタバレ感想(3月21日放送)

山下トモ(福本莉子)の声に、訳も分からず警察から逃げた山下吾郎(小澤征悦)とおっさん多恵子(塚地武雅)は、仮装をして何とか自宅に戻ることができた。
実はおっさん多恵子の外身である、川上辰夫(塚地武雅)がオレオレ詐欺で指名手配をされていたのだ。
おっさん多恵子が気を失い、いきなり川上の人格が現れ怒鳴りはじめる。
暴れる川上を縄で縛り、落ち着きを取り戻した川上に事情を説明すると、川上は今までの経緯を話し始める。

暴力団の組員だった川上はオレオレ詐欺をしたものの、被害者が可愛そうになり詐欺で得たお金を組から持ち逃げしていた。
そして、主犯格として警察に指名手配されてしまったというのだ。
自首を考えていたものの、娘のユカリに迷惑がかかるからと、自首するのををためらっていた。

天国に旅立つ日まであと3日。
吾郎は朝早くハローワークに行き、おっさん多恵子とトモはショッピングに出掛ける。
吾郎は仕事に、おっさん多恵子とトモは、アルバイトにと普通すぎる毎日を過ごしていた。
そしておっさん多恵子は、多恵子汁をトモと一緒に作る。
その時、トモの感情が一気に溢れ出した。
吾郎がまた引きこもるかもしれない不安をおっさん多恵子に吐き出した。

そして、皆が幸せになれるラストに向けて物語が進んでいく。

翌朝、みんなを集めて最後の朝ごはんを食べる。
すると外では警察が包囲していて辰夫を捕まえようとしていた。
みんなの援護を受けて多恵子おじさんと吾郎とトモは逃げるが囲まれてピンチに。

そこに神様が現れて3人を空へ飛ばしてある場所に連れて行ってくれた。
そこで多恵子おじさんは天国に帰ることになり、トモと吾郎の記憶を消して旅立ってしまう。

一年後、山下家はそれぞれが前向きに生きていた。
そしてある日、吾郎は街で辰夫に出会い思わず抱きしめてしまう。
何故か懐かしむ2人だった…。

『パパがも一度恋をした』第8話「おっさんフォーエバー!後編」視聴者のネタバレ感想(3月21日放送)

40代女性
多恵子(本上まなみ)の魂の入ったおじさんは、川上辰夫(塚地武雅)という人物で、詐欺容疑で指名手配されていました。
なんとまた極端な。
時々出てくるこわそうなキャラは辰夫だったんですね。

辰夫は、騙したお年寄りがかわいそうになって組のお金を奪って逃げたとか。
それでこわい仲間が探しに来たのですね。
辰夫にも男手ひとつで育てた娘、ユカリ(阿部純子)がいました。
家を出ていった娘に会いたいという辰夫の願いを叶えるため、吾郎(小澤征悦)とトモ(福本莉子)は人肌脱ぎます。

胡椒をふると多恵子と辰夫の中身が入れ替わることを利用し、ユカリの前で辰夫を呼び出し、無事に仲直りさせました。よかったですね。

多恵子が天国に帰る日の3日前、吾郎は就職活動をしていました。
やっと働く気になったのですね。
トモと多恵子は、一緒に買い物やお料理をし、本当に楽しそうでした。

でも、トモは多恵子が天国に帰るのがとても辛く、吾郎が多恵子と一緒に過ごさないのを不満に思っていました。
久しぶりに家族3人で寝て、思い出話で盛り上がってよかったです。

天国に行く前日、多恵子はトモに、みんなの記憶を消して帰ることを話します。吾郎は落ち込んで、またいじけた吾郎に戻りそうになってました。
家族に励まされ、最後の時間を楽しく過ごそうと最後の晩餐ならぬ最高の晩餐を楽しみ、家族写真を撮りました。
そんな所へ警察が。
みんなが助けて逃がしてくれましたが、その逃がし方があり得ない感じで笑ってしまいました。
パトカーがきて拳銃を向けられた時はもう終わりかと思いましたが、なんと今度は神様が現れ3人を逃がしてくれました。
やっと親子3人水入らずで語り合えました。

そして吾郎は精一杯のお礼の言葉を言って、多恵子は記憶を消す魔法の言葉「愛してます、吾郎さん」を言い、みんなからすべての記憶が消えてしまいました。

一年後、トモは大学生に。
吾郎は建築現場で働いていましたが、記憶を消す神様の呪文に勝って多恵子のことを思い出したとか。すごい情熱です。
多恵子のお墓参りをする吾郎の姿は、最愛の妻を亡くした絶望を乗り越えた、ラストにふさわしい立派な夫でした。

30代男性
トカレフ(塚本高史)の恋の成就を見守った二人が家に帰るとなんと警察が来ていて多恵子おじさん(塚地武雅)の外の人が犯罪者であることがわかり追われてしまいます。
それから少ししてなんとか家に帰ってきた吾郎(小澤征悦)と多恵子おじさんは家族とリビングで話し合います。
すると多恵子おじさんが気を失い外の人の辰夫(塚地武雅)が目を覚まします。その辰夫が暴れ出したので拘束して話をすると辰夫には娘がいることが明らかになります。

その後、多恵子おじさんと吾郎とトモ(福本莉子)は辰夫の娘のユカリに会いに行きます。
しかし拒絶されてしまいます。

それから吾郎はユカリを神社に案内して辰夫が書いた絵馬を見せて思いを伝えて辰夫と和解するのでした。

家に帰ってきた多恵子おじさんは天国に帰る日が明日に迫ったことを考えていました。
そこでトモにみんなの記憶を消して天国に戻らないといけないことを打ち明けます。

翌朝、みんなを集めて最後の朝ごはんを食べます。すると外では警察が包囲していて辰夫を捕まえようとしていました。
みんなの援護を受けて多恵子おじさんと吾郎とトモは逃げますが囲まれてピンチになってしまいます。
そこに神様が現れて3人を空へ飛ばしてある場所に連れて行ってくれます。
そこで多恵子おじさんは天国に帰ることになりトモと吾郎の記憶を消して旅立ってしまいます。

一年後、山下家はそれぞれが前向きに生きていました。
そしてある日、吾郎は街で辰夫に出会って思わず抱きしめてしまい何故か懐かしむのでした。

やっぱりこのドラマの最終回はいいですね。
すごくほのぼのした気持ちになりました。
いい感じにコミカルな場面があるので見ていて飽きません。
多恵子おじさんの記憶がなくなってしまったのは寂しかったですけどすごく楽しめました。
ラストのオチもすごく納得できる感じで自分は好きでしたね。

『パパがも一度恋をした』第8話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『パパがも一度恋をした』第8話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『パパがも一度恋をした』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『パパがも一度恋をした』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第7話】『パパがも一度恋をした』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/