スカーレット

【第14週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【新しい風が吹いて】

【第25週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【炎は消えない】

この記事ではドラマ『スカーレット』第14週のあらすじネタバレ感想が読めます。

第14週のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『スカーレット』の無料動画を視聴する 

『スカーレット』第14週「新しい風が吹いて」のあらすじ(2020年1月6日~1月11日放送)

昭和44年1月。
八郎(松下洸平)が陶芸展で金賞を取って以来、順調に個展や注文製作といった仕事が入り、喜美子(戸田恵梨香)は彼を支えることに専念していた。
しかし信作(林遣都)に、本来の夫婦で陶芸をする姿ではないと指摘される。
実は八郎は陶芸に行き詰まりを感じていた。

一方、たまに自由な作風で陶芸をする喜美子。
さらに釉薬の知識が身についてきたことに、八郎は複雑な思いになる。
八郎が若い弟子を辞めさせたところに、三津(黒島結菜)という東京出身の若い女性が弟子入りを申し出る。
八郎の行き詰まりに、新しい材料を取り入れることを提案する三津。
一人で焼き物の産地をめぐり勉強してきた三津に、喜美子は心を動かされ、難色を示す八郎を説得する。
いったん断られたものの、八郎のために良かれと思う喜美子は熱心に勧め、ついに三津は弟子入りする。
川原家に住み込み、マツ(富田靖子)や百合子(福田麻由子)ともなじんでいく。
三津に共感し、そのアイデアを受け入れてほしい喜美子。
信楽の土にこだわる八郎と意見の違いが生じる。

一方で八郎は、三津とのおしゃべりにある種の安らぎを感じるように。

『スカーレット』第14週「新しい風が吹いて」のネタバレ感想(2020年1月6日~1月11日放送)

『スカーレット』第14週のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『スカーレット』第14週のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『スカーレット』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『スカーレット』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第13週】『スカーレット』のあらすじネタバレ感想

→【第15週】『スカーレット』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/