スカーレット

【第19週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【春は出逢いの季節】

【第25週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【炎は消えない】

この記事ではドラマ『スカーレット』第19週のあらすじネタバレ感想が読めます。

第19週のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『スカーレット』の無料動画を視聴する 

『スカーレット』第19週「春は出逢いの季節」のあらすじ(2020年2月10日~2月15日放送)

昭和54年春。
喜美子(戸田恵梨香)は京都の美大で陶芸を学ぶ武志(伊藤健太郎)を送り出す。
しばらくしてマツ(富田靖子)が亡くなり、喜美子は一人暮らしに。
武志が大学卒業を控えたころ、八郎(松下洸平)が名古屋から喜美子を訪ねてくる。
会うのは10年以上ぶり。
八郎は変わらず武志の父親であることを認識する喜美子。

武志は、大学時代に知り合った、釉(ゆう)薬を研究する掛井(尾上寛之)を追って、信楽の窯業研究所の研究生となる。
自立のために家を出て、アルバイトで生活するという武志。
研究所事務員の真奈(松田るか)と知り合い、人間関係が広がる。
一方、またも1人となった喜美子のもとに、作品のファンだという女性が現れる。
小池アンリ(鳥丸せつこ)という元女優。
大津の紡績会社の令嬢で今は神戸に住んでいる。
セレブらしさと天真らんまんな雰囲気がある。
アンリは喜美子の自然釉の作品に法外な値をつけて、しかもユニークな干渉方法で驚かせる。
ずばずばと聞いてくるアンリに、喜美子は夫と別れ、息子は独り立ちした状況を話すことになる。

そんな中、今は大阪の市議会議員となっているちや子(水野美紀)が訪ねてくる。

『スカーレット』第19週「春は出逢いの季節」のネタバレ感想(2020年2月10日~2月15日放送)

『スカーレット』第19週のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『スカーレット』第19週のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『スカーレット』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『スカーレット』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第18週】『スカーレット』のあらすじネタバレ感想

→【第20週】『スカーレット』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/