スカーレット

【第21週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【スペシャル・サニーデイ】

【第25週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【炎は消えない】

この記事ではドラマ『スカーレット』第21週のあらすじネタバレ感想が読めます。

第21週のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『スカーレット』の無料動画を視聴する 

『スカーレット』第21週「スペシャル・サニーデイ」のあらすじ(2020年2月24日~2月29日放送)

大野一家の喫茶「SUNNY」では、信作(林遣都)が引き当てた福引きの賞品で、大野(マギー)と陽子(財前直見)が有馬温泉へ出かける。

店は、いつも手伝っている百合子(福田麻由子)が切り回し、信作が手伝うことに。
信作の不器用なマスターぶりに、にこにこしてしまう百合子。
そこに敏春(本田大輔)がやってくる。
思い出話の中で、「信作と13人の女」の話題になり、夫婦の微妙な雰囲気をとりなそうと、敏春が照子(大島優子)のことを愚痴っているうちに本人が現れる。

今度は懸命に照子の機嫌を取り、仲直りしたと思ったら、そこに近藤彬(中山義紘)という百合子の中学時代の同級生がやってくる。
好青年の近藤は、柔道の心得がある警官で、百合子を憎からず思っていたらしい。

百合子の高校進学のときに喜美子(戸田恵梨香)が頑張ってくれたことなどを楽しそうに話す2人にイラ立ちを隠せない信作。
照子に釘をさされていたにもかかわらず、みんなが帰ってからねちねちと百合子に絡んでしまう。

信作の態度に怒って百合子が飛び出してしまったところに、お母さん合唱団がやってきて一気に忙しくなる。
そのあとも、客が途切れず、慣れない信作は一人でてんてこ舞いする羽目に…。

『スカーレット』第21週「スペシャル・サニーデイ」のネタバレ感想(2020年2月24日~2月29日放送)

『スカーレット』第21週のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『スカーレット』第21週のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『スカーレット』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『スカーレット』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第20週】『スカーレット』のあらすじネタバレ感想

→【第22週】『スカーレット』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/