スカーレット

【第3週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【ビバ!大阪新生活】

【第25週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【炎は消えない】

この記事ではドラマ『スカーレット』第3週のあらすじネタバレ感想が読めます。

第3週のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『スカーレット』の無料動画を視聴する 

『スカーレット』第3週「ビバ!大阪新生活」のあらすじ(2019年10月14日~10月19日放送)

昭和28年。
中学を卒業して、大都会の大阪で働くことになった喜美子(戸田恵梨香)。
勤め先は荒木さだ(羽野晶紀)という一風変わった下着デザイナーの女性が営む、下宿屋・荒木荘だった。
女中として雇われたと知って、喜美子は戸惑いながらも意気込む。
だが、元女中の大久保のぶ子(三林京子)は、若すぎると信楽に帰そうとするが、喜美子のやる気に火がつき、大久保に学びながら、新米女中として働くことが許される。

喜美子は荒木荘の個性的な住人たちと親しくなっていく。
新聞記者としてがむしゃらに働いている庵堂ちや子(水野美紀)は、化粧っ気もなくずぼらな生活。
医学生の酒田圭介(溝端順平)は喜美子に優しい。
そして、元公務員で俳優を目指す変わり者の田中雄太郎(大本武宏)。

見習いの喜美子の給金はわずかだが、信楽では常治(北村一輝)やマツ(富田靖子)が大いに感謝して仕送りを受け取る。
厳しい大久保から、なぜかたくさんのストッキングの修繕を請け負わされ、夜は内職をするはめに。

ある日、ちや子の取材にくっついて、さだの「下着ショー」を見に行き、それぞれに輝いている姿に刺激を受ける喜美子だった。

『スカーレット』第3週「ビバ!大阪新生活」のネタバレ感想(2019年10月14日~10月19日放送)

『スカーレット』第3週のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『スカーレット』第3週のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『スカーレット』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『スカーレット』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第2週】『スカーレット』のあらすじネタバレ

→【第4週】『スカーレット』のあらすじネタバレ

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/