スカーレット

【第8週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【心揺れる夏】

【第25週】連続テレビ小説『スカーレット』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【炎は消えない】

この記事ではドラマ『スカーレット』第8週のあらすじネタバレ感想が読めます。

第8週のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『スカーレット』の無料動画を視聴する 

『スカーレット』第8週「心揺れる夏」のあらすじ(2019年11月18日~11月23日放送)

喜美子(戸田恵梨香)が深野心仙(イッセー尾形)のもとで火鉢の絵付けを学んで3年がすぎた。
修行を積み、まだ下っ端ではあるが、一部は任されるようになっている。
喜美子は初めて絵付け火鉢のデザインを許され、懸命に考えるが、採用の可能性は低い。
役場で働いている信作(林遣都)は、年に一度の火まつりの準備に忙しくしている。
そして照子(大島優子)は婿の敏春(本田大輔)を迎えていた。
陶芸だけでなく芸術にも詳しく、頭が切れる敏春は、丸熊陶業の改革を考えていた。
新設した商品開発室に美術大学を出た青年・十代田八郎(松下洸平)がやってくる。
喜美子はふとしたきっかけで八郎と知り合い、破れたシャツを繕ってあげることに。

一方、直子(桜庭ななみ)がついに東京で働くことになる心配する常治(北村一輝)マツ(富田靖子)。
百合子(福田麻由子)も中学生になっている。

そんな中、喜美子のデザインが敏春によって採用される。
しかも丸熊陶業のマスコットガール・ミッコーとして地元紙の取材を受けることに。

『スカーレット』第8週「心揺れる夏」のネタバレ感想(2019年11月18日~11月23日放送)

『スカーレット』第8週のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『スカーレット』第8週のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『スカーレット』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『スカーレット』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第7週】『スカーレット』のあらすじネタバレ

→【第9週】『スカーレット』のあらすじネタバレ

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/