知らなくていいコト

【第9話】ドラマ『知らなくていいコト』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【私は殺人犯の娘じゃない!?】

【第9話】ドラマ『知らなくていいコト』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【私は殺人犯の娘じゃない!?】

この記事ではドラマ『知らなくていいコト』第9話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第9話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『知らなくていいコト』の無料動画を視聴する

『知らなくていいコト』第9話「私は殺人犯の娘じゃない!?」のあらすじ(3月4日放送)

特別ゲスト:三船海斗

岩谷(佐々木蔵之介)から手記を書かないか打診を受けたケイト(吉高由里子)は、悩みながらも返事を保留にする。
一方尾高(柄本佑)は、再び追われる身になった乃十阿(小林薫)を連れ出し、しばらく自分のスラジオに身を寄せないかと持ちかけていた。

そんな中、ケイトはテレビの大食い番組のヤラセ疑惑を追うことに。
タレコミをしてきた大食いの素人チャレンジャー・小滝(小林きな子)によると、美人大食いタレント・新谷マリアに運ばれる料理だけ容器が上げ底になっているのだという…。

早速ケイトはテレビ局のコネを駆使して大食い選手権の決勝戦が行われるスタジオの見学に漕ぎつける。

そしてその夜、ケイトの自宅に春樹(重岡大毅)が現れ…!?

『知らなくていいコト』第9話「私は殺人犯の娘じゃない!?」のネタバレ(3月4日放送)

ケイト(吉高由里子)が病院から戻ると、編集長(佐々木蔵之介)に呼び出され、上から手記を書かせろと言われたことを伝える。特に書く事もないとケイトは乗り気にならず、返事は保留となる。
ケイトの動きが気になる春樹(重岡大毅)は恋人である愛花(関水渚)から避けられるようになっていた。

落ち込んだ春樹は会社をズル休みするようになり、酔っ払ってケイトの自宅を訪ねる。
ケイトに最低、ウザイと何度も言われながら、自分の思いをぶちまけて帰って行く野中。その数日後ストーカーのように愛花を待っていた春樹は完璧に振られてしまう。
ケイトが刺されたことで週刊誌に再び追われるようになった乃十阿(小林薫)は尾高に連れられ、東京に出てきていた。
乃十阿は尾高のスタジオでかくまってもらうことになる。
尾高はケイトに乃十阿がスタジオに居ることを話し、会って話すなら今しかないと伝える。
大食い選手権で八百長があったとタレコミがあり、ケイトと新人の福西(渕野右登)が取材することになる。
テレビ局で番組見学をしても事実がよくわからなかったため、ケイトは福西にプロデューサーから怒られてばかりのAD荒牧(三船海斗)を張り込んで仲良くなって情報を聞き出せと伝える。
仕事を辞めようと思っていた荒牧は福西と夕食を食べながら八百長があったことを話す。それが福西の初スクープとなった。

ケイトが尾高と一緒に、スタジオにいる乃十阿を訪ねる。
母親にプールに投げ込まれてトラウマになった話や、30年前に24時間営業のコンビニがあったかなど、どうでもいいことを話して終わるが、ケイトは無理に聞き出すのではなく、福西と荒牧のように心を通わせて話をしたいと思っていた。

ラスト
尾高に乃十阿の国選弁護人をいた人から連絡があり、ケイトと尾高に乃十阿は息子をかばって自分が殺人者になったのかも知れない伝えるのだった。

下弦の月
下弦の月
次回が最終回ということで、尾高がケイトにプロポーズをしていたので、乃十阿徹が殺人者ではないという事実がケイトの手記によって明らかになったという結末なのかな、と思いました。ケイトの兄にあたる乃十阿が庇った息子はケイトの身近にいる人なのではないかと思う。

『知らなくていいコト』第9話「私は殺人犯の娘じゃない!?」視聴者のネタバレ(3月4日放送)

50代女性
大食いチャレンジャ-からの証言で、真壁ケイト(吉高由里子)は大食い選手権番組の見学して、やらせ疑惑を追跡するが証拠を掴むことは出来なかった。
時折ケイトは刺されたことを思い出し不安が襲っていた。
そんな夜にケイトの自宅に野中春樹(重岡大毅)が酔ってやって来て、週刊誌にリークしたのは自分ではなく尾高でないかと仄めかし二人の関係に嫉妬していた。

一方、尾高由一郎(柄本佑)は自分のスタジオに乃十阿徹(小林薫)を連れて来て、マスコミから匿っていた。
退院した尾高はケイトの前に現れ、乃十阿がスタジオに居ることを告げた。
後輩の福西は大食い番組のADに近づき、大食いタレントのマリアの食事を減らしている真相を掴んだ。
ケイトはその事実を聞き、福西が週刊誌の記事としてケイトの手助でデビュ-を飾ります。

そして尾高によってケイトと乃十阿が会うきっかけを作ってくれたことで、対面することになります。
以前にケイトに水を掛けた乃十阿はとは別人のように、物静かで穏やかな性格であった。
ケイトは30年前の事件の真相に迫ろうとしていたが、ゆっくり時間をかけることにして尾高の好意に感謝を示します。

ラストは弁護士から、30年前に幼い息子が誤って毒草をポットに入れたことに乃十阿が気づき、庇って自白した疑惑を聞かされる。

次回予想
次回は乃十阿の息子は今どこにいるのか気になり、事実は息子ではなくケイトなのではないかと思ってきました。
結末に尾高とケイトの関係に発展があると思うが、野中の怪しい動きが気になり事件の気配を感じます。

40代男性
尾高が乃十阿を連れて都心を歩く。一方、真壁ケイト(吉高由里子)は、「週刊イースト」に殺人犯の娘の手記を書いて、東源出版は逃げないという姿勢を示す事を要求されます。ケイトに優しい岩谷編集長が防波堤になってくれて、ケイトは今日も前線で記者として活躍します。
テレビ「熱烈!!女子大食い選手権・ニュージェネレーション」の素人挑戦者から、「イースト」に情報が。細身の美人大食いチャンピオンの食事だけ量が少ないんじゃないか!?。あり得ないのだそうです。そこで、ケイトは、若手記者の福西彰(渕野右登)を連れ、スタジオ見学に。新人で自信のなさそうなもたもたした感じのADに目をつけて、似た者同士の福西に張り込ませます。アパートの前で、食事に誘った福西、どうにかマル秘話を聞き出すことに成功。美人大食いチャンピオン・新谷マリアの食事量を減らせ!とプロデューサーから指示があり、見えない部分を削り取っていたと告白。見事スクープ記事が出来上がりました。
また、自分の撮影スタジオにケイトの父・乃十阿徹(小林薫)を連れて来た尾高由一郞(柄本佑)。ケイトに対面させ、言葉少なな交流をさせます。

ラストは、乃十阿の弁護人だった高村弁護士からケイトと尾高に話が。証拠はないが、キャンプ場での無差別殺人事件は、乃十阿の3才だった息子の悪意なき毒草混入によるものだった疑いがないだろうかと。

次回予想
次回はついに、最終話です。ケイトは本当に殺人犯の娘なのか!?かつて、ジョン・スタインベック研究の第一人者とされていた乃十阿徹が、尾高の配慮で、スタインベックの「エデンの東」を読み返しています。その登場人物と同じ名前のケイト、乃十阿が語ってくれる事件の真相という話にはならないのでしょうか。
結末はいかに!?

『知らなくていいコト』第9話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『知らなくていいコト』第9話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『知らなくていいコト』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『知らなくていいコト』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第8話】『知らなくていいコト』のあらすじネタバレ感想

→【第10話】『知らなくていいコト』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/