シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

第3話『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【スポーツ代表選考に潜む殺意】

第10話(最終回)『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(シロクロ)』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第3話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『シロクロ』の無料動画を視聴する

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話「スポーツ代表選考に潜む殺意」のあらすじ(1月26日放送)

門田明宏(山崎樹範)の診察を受けた川田レン(清野菜名)は、表情が豊かになったと言われる。
恋をしたからではないかと門田に指摘され、森島直輝(横浜流星)を思い浮かべる。
レンの精神状態は落ち着いているように見えたが、10年前に遭遇した火事の記憶のフラッシュバックも度々起こっていた。

そんな中、スピードクライミングの日本代表・宮澤沙奈恵がコーチの鹿野博史とともに緊急会見を開く。
日本で近々開催予定の世界選手権を辞退すると発表。
彼女は会見で、誰かが故意にロープを切って自分を殺そうとしたと主張する。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話「スポーツ代表選考に潜む殺意」のネタバレ感想(1月26日放送)

今回はボルダリングの日本記録保持者・宮澤沙奈恵(秋元才加)が練習中に、ロープが切れて転倒し大ケガをするという所から始まった。
彼女の怪我の裏には、色んなグレーゾーンが隠されていた。

~~~

ロープが切れたのが人為的要因であることが分かり、一番最初に疑われたのが、国内二番目のタイムを持つ・北里亜香里(竹内愛紗)であった。
次の大会も宮澤がでるはずだったが、今回の事故出れなくなり、彼女の仕業ではないかと思われた。

しかし、本当の黒幕は監督・鹿野博史だった。
鹿野は裏でよその国の監督になると契約を結んでいた為、日本が優勝しないように、被害者を怪我させるよう仕組んでいた。

しかし、報道陣の前で、日本2位の子がまさかの記録を打ち出す。
実は、ミスパンダ達が仕組んだことで、犯人を見つけ出す為の罠であった。
それに気づかず驚く鹿野を見て、ミスパンダたちは、鹿野が怪しいと気付き、監視をする。
ホテルで、私がロープを切ったと話す鹿野の会話がネットで流れる。

一方、ミスパンダの過去も徐々に明かされていく。
双子のりことれん。
20歳のときに、母と3人でロッジに泊まっていると火災に合い、柱が邪魔してりこを助け出せなかったと話す。
その事がいつも引っ掛かっていて、時々記憶が甦ってくるようになる。

ラスト
りことれんの事が暴かれるかというところで話は終わる。

下弦の月
下弦の月
亡くなったのは”りこ”とされているが、実はれんの方でなかったのか?と教授に問い詰めてたので、次話で明らかになるのではと予想。
母親もこの事件がきっかけで精神的ショックで入院してるのではないかと考察される。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第3話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第2話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想

→【第4話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/