シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

第4話『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【ついに明かされる衝撃の過去】

第10話(最終回)『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(シロクロ)』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第4話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『シロクロ』の無料動画を視聴する

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話「ついに明かされる衝撃の過去」のあらすじ(2月2日放送)

直輝(横浜流星)は門田(山崎樹範)から、10年前の火事にまつわるレン(清野菜名)とリコの秘密を聞く。

そんな中、楓(吉田美月喜)が通う中学校で騒動が起こる。
3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもったのだ。
涼介は縛られた上に鉄アレイを括りつけられた姿で飛び込み台に座らせられる。
涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを認めていなかった。

校長は記者会見を行い、いじめを否定。
会見中、同席していたスクールカウンセラーの春香(谷村美月)が学校側の嘘を指摘しようとするものの、制止される。
あずさ(白石聖)は学校側が何かを隠していると考え、取材することに。

緊迫した空気の中、春香がなだめようとしても、将太の興奮は収まらない。
ついに翔太がロープを切ったその時、ミスパンダの声が響く。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話「ついに明かされる衝撃の過去」のネタバレ感想(2月2日放送)

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第3話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想

→【第5話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/