シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

第8話『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説【衝撃展開!父殺害の真相とは】

第10話(最終回)『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(シロクロ)』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第8話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第8話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『シロクロ』の無料動画を視聴する

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第8話「衝撃展開!父殺害の真相とは」のあらすじ(3月1日放送)

8年前のあずさ(白石聖)誘拐事件の犯人・コアラ男が哲也(田中圭)と断定する報道に激しく動揺する直輝(横浜流星)。
その報道は、神代(要潤)によるスクープだった。
直輝は、なぜガセネタを流したのかと神代に詰め寄ると、佐島(佐藤二朗)から哲也がコアラ男である証言と証拠を得たと告げる。

直輝は佐島に「あなたが父を殺したんじゃないですか?」迫るが、自分でシロクロつければいいと直輝を挑発。

麻衣子(山口紗弥加)が門田(山崎樹範)を殺したという信じたくない事実に直面し、苦しむレン(清野菜名)。
拘置所で麻衣子と対面。なぜ門田を殺したのかと尋ねようとすると、レンなのかリコなのかと問われ、レンは戸惑う。
麻衣子はレンに今すぐ直輝を殺すようにと言う。

直輝は、哲也が遺したUSBの中の動画を見返していた。
その中の1つにパスワードのロックがかかった動画があり、直輝はそこに重要な証拠が隠されていると考え、パスワードを探すことに。

父の汚名を晴らし、佐島が犯人だという証拠を見つけようと命がけで奔走する直輝。
一方、レンは麻衣子の言葉に苦悩を深めていた…。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第8話「衝撃展開!父殺害の真相とは」のネタバレ感想(3月1日放送)

8年前の誘拐事件のコアラ男の正体が森島哲也(田中圭)とニュ-スで流れ、直樹(横浜流星)は佐島源造(佐藤二郎)がコアラ男で犯人なのでないかと問う。
佐島は自分でシロクロをつけるよう直樹に持ち掛けた。

直樹は佐島の娘・あずさから佐島の部屋から見つけた3つの謎の数字が、事件に関わった場所を示す座標であることを突き止める。
その場所に行ってみると、土の中にはカバンが埋まっていた。
直樹は川田レン(清野菜名)をミスパンダにして、犯人をおびき寄せる作戦に出る。
ミスパンダは世間にライブ配信で、直樹がカバンの中から発見したパンダのマスクとコアラ男誘拐事件の資料を見せた。

直樹は佐島と接触し、コアラ男の正体は佐島の部下である写真を見せて、佐島の知名度と好感度を上げるための自作自演であったことを突き止めた。
佐島はそれを認め世間に自分をアピ-ルすることに成功したが、哲也にそれを見破られてしまい拳銃で撃ち殺したことを明らかにする。
直樹は佐島の首を絞めまだ何かを隠していることを聞き出そうとすると、佐島が薬物を口にした。

ラストは、佐島が自ら8年前の事件を明らかにする動画をテレビ局に送り、償いとしてのシロクロをつけた。
レンが何者かにさらわれ、直樹は哲也の動画を見ることになる。

下弦の月
下弦の月
次回は、哲也の動画で何が語られ、佐島が何を隠しているのか真相が気になります!直樹がレンを探しだし、再びミスパンダに出来るのか…!?

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第8話「衝撃展開!父殺害の真相とは」視聴者のネタバレ感想(3月1日放送)

20代女性
ラストシーンでレンを拐った着ぐるみは一体何者なのか、レンはどうなってしまうのかとても気になります。
そして父が残した映像は一体なんなのか、実は殺したのは佐島ではないことが分かりそうな感じで終わってしまい解決されずに気になることが増えました。
レンが母親に会い直樹を殺せと言われたことや、ミスパンダと直輝に知らされ動揺しながらも直輝のためならと言ったレンが切なく、どうなったか知りたいからまた会いたいと言ったレンの顔をみると涙が出そうになりました。
辛いこと続きでも、強く生きてるレンが幸せになれればいいな。

直輝の事が好きだからという理由で、あずさは父親の情報をすんなり盗んだが、親子関係なのにも関わらず直輝を選んだ理由に何か隠されているのではないかと思いました。
怪しい人物はあずさだけ残されているのではないかとも思いました。
父が残した映像を見ている中、あずさの姿は見当たらなかったし、すんなり直輝に協力するとは父親を売ったような気がしたので、コアラ男の正体を知っていて父親を処分してほしいと思っていたのではないかと思いました。
裏で誰かと協力し合い事件に関わっているのではないか…?

次回予想
次回、レンがどうなるのか気になりますが、拐ったのはあずさの協力者なのではないかと思っています。
直輝に恨みがある人物なのであれば、父親とも関係があると思う。
直輝に残された父親からのメッセージはもしかすると佐島を殺すことをしてはいけないというものなのではないかと思った。
この事件は一体何が目的で行われているのか、森島は自分が殺されることを前提に残したメッセージの真相がとても気になります。
結末は神代は佐島が言った事件がデマだと知り、再び直輝に近づき自分を守る為にも直輝と協力し事件を暴いていかのではないかと思いました。

40代女性
森島(横浜流星)さんのことが好きすぎて、今までずっと裏切られていたとわかったにもかかわらず森島さんをあきらめきれないあずさ(白石聖)が可愛そうで切ないストーリーでした。
森島さんのためなら何でもすると言ってお父さんの佐島(佐藤二郎)を裏切ってしまうあたりも、ちょっと辛かったです。
それだけ森島さんが好きなんだなと、愛情の大きさを感じました。
それにしても、お父さんに内緒でこっそりと事務所に入り込んでいて、あずさが探偵みたいでなんかかっこよかったです。
お父さんに見つかってしまわないかとドキドキしちゃいました。
今回もパンダチャンネルが面白かったです。
ミスパンダ(清野菜名)が探偵団みたいなキャラクターを演じていて、笑えました。
上から蛇が降ってきたときは、さすがにびっくりしちゃいました。
でも、ミスパンダの胡散臭い演技もすごく面白かったです。
ラストであずさのお父さんが自殺したのには衝撃的すぎました。
しかもテレビのニュースではあずさのお父さんが、自分がコアラ男だったことや森島さんのお父さんを殺したことまで白状していて、いったいどうなっちゃってるのかとびっくりしました。
なんか、最後は意味深な終わり方だったので次回はどうなってしまうのかも気になる終わり方でした。

次回予想
次回は森島さんのお父さんのビデオメッセージで新たな真実が分かるような気がします。
あずさのお父さんは肝心なことを言わずに自殺してしまったため、森島さんのお父さんのメッセージによって、新犯人が捕まる結末を予想しています。

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第8話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事では『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第8話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第7話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想

→【第9話】『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/