捨ててよ、安達さん。

捨ててよ、安達さん。1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【同情するなら見ておくれ】

捨ててよ、安達さん。1話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【同情するなら見ておくれ】

この記事ではドラマ『捨ててよ、安達さん。1話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

捨ててよ、安達さん。1話の無料動画を視聴する

捨ててよ、安達さん。1話あらすじ(4月17日放送)

ある日、女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の相談を持ちかけられた安達さん(安達祐実)。
あまり乗り気ではなかったが自宅に帰って「捨てるもの」を探すため、本棚や辺りを物色してみると古いDVDを発見する。

その夜、眠りについた安達の夢の中に謎の少女(川上凛子)が現れる。
不思議な夢の中、とあるオンナ(貫地谷しほり)が訪ねてくる。
そのオンナの正体とは…!?

捨ててよ、安達さん。1話ネタバレ

ネタバレ

女優・安達祐実(安達祐実)は、ライフスタイル雑誌の連載を依頼されます。
安達さんに毎号何か1ついらないものを手放す企画を提案され、私物を捨てることになりました。

家に帰りますが、旦那さんは海外で仕事をしているため不在。
捨てるものがあっただろうかと考えながら夜を過ごし、本棚を探すと1枚のDVDが落ちてきます。
そのまま眠りにつく安達さんですが、夢の中でニットの毛玉取りをしていると、女の子(川上凛子)が話しかけてきた。

安達さん宅に女性(貫地谷しほり)が訪れ、女の子はその女性を迎え入れます。
女性は「安達祐実の代表作だと世間で言われている作品の完パケDVD」だと名乗る。
DVDは家に来てから見てもらえず、認識もしてもらえないなら捨ててくれと。

なぜ見ないのかを聞くと、気になりつつも見返すものでもない、あの作品は私の中に生きている、と安達さんは語る。
するとDVDは体の良いことばかり言っている、つまらなくなったと言う。
「同情するなら見ておくれ」とDVDは訴えますが、安達さんは過去の役柄からやっと今開放されつつあるのだと。

DVDは過去に縛られるなと言い、女の子は今の自分を肯定していいと話します。
安達さんは捨てる前に一緒に作品を見て欲しいと言い、上映会をすることに。

雑誌連載の打ち合わせ前に、「夢の中で女の子たちと何を捨てるか話した」と西村マネージャー(西村晋弥)に話しをする。
あの女の子は誰なのかと疑問に思うところがラストシーンでした。

下弦の月
下弦の月
【次回の予想】夢の中に女の子が現れて何を捨てるか話した、とマネージャーに言ったときに「あの子は誰?」と疑問に思います。次回にもその女の子と、安達さんに捨ててもらいたいモノたちが登場し、安達さんは困惑します。男性と女性の姿をしたモノが「捨ててよ」と訴えますが、一体何がヒトになったモノなのか気になります。そして女の子は誰なのか、結末まで目が離せない謎の存在になりそうです。

捨ててよ、安達さん。1話感想とみんなの評判

男性(30代)の感想と評判
評価:

安達祐実がある企画の打ち合わせに臨んでいました。
その打合せでは雑誌の取材で毎回、自分の私物を断捨離をしてもらって読者の共感を得ようというテーマでした。

その後、家に帰り娘の連絡帳を眺めながら寝る準備に入ります。
そこでいつものように本を選んでいるとあるDVDが落ちます。
それを棚に戻し本を読みながら眠りにつきます。

その夢の中である謎の女の子と会話を繰り広げます。
そこに訪問者がやってきて安達さんの代表作が焼かれたDVD(貫地谷しほり)だと自己紹介してきます。
その擬人化されたDVDは捨てられたいと話し安達さんの意見を聞きます。

その後、捨てるか捨てないかという話になり結局誰かにあげるという事に落ち着きます。
そして3人でそのDVDを見ながら感動して夢から目が覚めます。

翌朝、安達さんはそのDVDを娘にあげたと話して打合せに臨むのでした。

このドラマはすごく斬新だと思いました。
まさか物を擬人化させてその物の意見を聞いて捨てるかどうかを決めるだけのドラマなんですが、実際の安達さんのこともさらっと踏み込んでいるのですごく面白かったです。

ラストにオチとして娘にあげたという展開は悪くなかったです。
毎回ゲストが変わるのでどんな物が出てくるのかこれから楽しみです。

次回は予告を見る限りだと二人の擬人化した物が出てくるみたいです。いっぺんに二つのものを相手にするのは大変そうではありますが同時にとても面白そうです。結末は安達さんは結局捨てられずにまた誰かにあげる選択を取ると思います。

男性(30代)の感想と評判
評価:

自分の私物を捨てるという企画を提案され、どうするか悩む安達。
マネージャーからもこの仕事は断っても良いと言われているもののどうも踏ん切りがつかないようす。

そんな中帰宅して何気なく過去もらった自分の主演ドラマが焼かれたDVDを見つける。
特に気にもとめずに就寝することに。
すると夢の中で知らない少女(川上凛子)と見知らぬ女性(貫地谷しほり)が出てくる。
少女は口うるさいコンシェルジュ的な役割か?見知らぬ女性は主演ドラマが焼かれたDVDが人に化けて出てきたものであった。
安達がいつまでたってもDVDを見てくれないことで、捨ててほしく現れた。
女性(DVD)は、本当は見てほしいのに4年間もずっとほったらかされて存在意義がわからなくなりとうとう捨ててほしいという気持ちに。
安達としては見なくても宝物として取っておきたい意思があるものの、結局見ないなら捨ててという口論となり、結局安達は捨てるという判断に。

最後にそのDVDを見たいということもあり3人で見ることに。
見終わった後安達の心の中に捨てたくないという気持ちがまた出てきて、捨てるのではなく誰かにあげるのも良いかと聞いたら少女はOKとの回答。

ラストはそのDVDを安達の娘にあげることで幕を閉じた。
非常にシュールというか、普段の生活で整理整頓をする上で何となくわからなくもないやり取りが繰り広げられている様は、面白いというよりも共感に近い感じで見ることができた。

次回の予想としては、1話で踏ん切りつかず悩む安達だったが徐々に整理する、捨てる、ものの大切さ、ものの有効的な利用などを色々と考えて、人としてもう一段階成長していく結末の様子が描かれていくのではないかと予想する。

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』出演者の関連作品まとめ

主人公:安達さん(本人役:安達祐実)

 

この投稿をInstagramで見る

 

安達祐実(@_yumi_adachi)がシェアした投稿

安達祐実の代表作

家なき子、ひとつ屋根の下、ガラスの仮面、死役所初めて恋をした日に読む話、家政夫のミタゾノ など

捨ててよ、安達さん。1話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『捨ててよ、安達さん。』第1話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

捨ててよ、安達さん。1話の無料動画を視聴する

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら