捨ててよ、安達さん。

捨ててよ、安達さん。4話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【時計とおばさん】

捨ててよ、安達さん。4話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【時計とおばさん】

この記事ではドラマ『捨ててよ、安達さん。4話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

捨ててよ、安達さん。4話の無料動画を視聴する

捨ててよ、安達さん。4話あらすじ(5月8日放送)

女性向けのライフスタイル雑誌の編集者から“毎号私物を一つ整理してほしい”という企画の依頼を受けた安達さん(安達祐実)。

ある日安達さんの元へ遠い親戚だという光代おばちゃんから手作りの大きな時計が届く。

お礼の手紙を書こうと筆を執ったが、あまり進まず…。
悩んでいるうちに眠ってしまった安達さんの夢の中に光代おばちゃん手作りの時計・ミツヨ(片桐はいり)が現れる。そして、今まで知らなかった意外な事実を知る!

捨ててよ、安達さん。4話ネタバレ

ネタバレ

安達さん(安達祐実)のもとに遠い親戚だという光代おばちゃんからハンドメイドの大きな時計が届く。
時計はカラフルにペイントされ手の込んだデコレーションも施されているが、全体のバランスが悪く、文字盤の数字の配列も不ぞろいで、およそ実用には不向きなものだった。
それでも誠意を感じた安達さんはお礼状を書こうとするが、書いている最中にうたた寝をしてしまう。
すると夢の中にいつもの謎の少女(川上凛子)が現れ、書きかけの令状に「要らない、きつい、マジ無理・・」と勝手に書き込んでしまう。
そのことで怒った安達さんが少女と口論をしていると、そこに突然「光代おばちゃん手作りの時計」(片桐はいり)が現れ、光代おばちゃんがこの時計作りに如何に心を込めたか、手の込んだデコレーションが為されているか等、滔々と語りだすが、その結論は意外なことに足立さんに時計を捨てることを促すものだった。

そして光代おばちゃんが現在体調を崩していることを告げ、自分を装飾している石を1つ外し、「安達さんの心を解放するパワー・ストーン」として渡すと消えてゆく。

そしてラストシーンで、安達さんはその石で作ったイヤリングを付けて収録に臨むのだった。

中々示唆に富む哲学的な内容で、個人的には今までの作品の中で最も楽しめました。
特に、時計に扮した片桐はいりの演技はそうした内容に相応しい、一見軽くコミカルではあるが背後にある思いを確実に伝える、趣のあるもので、素晴らしかったと思います。

下弦の月
下弦の月
【次回の予想】次回のストーリーは「捨てるもの」として共演中の女優が現れるというトリッキーなものだそうですが、恐らく変な人間関係を捨てようというメッセージの込められた作品で、結末は安達さんと女優が和解するハッピーエンドではないでしょうか。

5話ネタバレに進む→

捨ててよ、安達さん。4話感想とみんなの評判

男性(40代)の感想と評判
評価:

安達さん(安達祐実)にハンドメイドの大きな時計が送られてきました。
これは彼女のおばさんからの贈り物です。
安達が眠ると夢の中にその時計(片桐はいり)が擬人化して出てきます。
私はここで変わった切り口の物がテーマだと思いました。

まず今朝送られたばかりの時計ですので思い出や記念の品ではないのです。
そして輪ゴムのように活躍して捨てられる量産品とも違います。
安達は時計の姿がおばさんにそっくりなため無下に断れずに夢の中でお茶などを出してしまいます。
この時計の製作期間が一か月と聞いた安達は愛想で嬉しいと言ってしまいました。
しかし安達の本心である夢の中の少女(川上凛子)は時計を嫌がります。
すると時計は自分を作ったおばさんが具合を悪くしていると告げました。

実はおばさんは安達からの手紙とお返しが嬉しくて、事あるごとに手作りの品を送り続けていたのです。
そんなおばさんの体調を気遣った時計は意外にも自分を捨ててと頼んできたことになります。
起床した安達は時計の飾りの黄色い石をピアスとして使う予定です。
この黄色い石は自分を縛るものから心を解放するパワーストーンだったのです。

今回のラストシーンで彼女はもう時計の持ち主は自分で好きに処分して良いことに気づきました。

次回は台本がテーマになると予想しています。安達はこれまで記念の品や量産品を捨てることに悩んでいました。そして今回は知り合いからの手作りの品です。さらに新しい視点で使用済みの台本を捨てる結末は面白いと考えています。

女性(40代)の感想と評判
評価:

派手な時計を持った安達祐実(安達祐実)は、自宅で西村マネージャーに(西村晋弥)に写真を撮ってもらっていました。
そして光代おばさんにお礼の手紙を書こうとした安達は、なかなか書き進める事ができずに、そのまま眠ってしまいました。

謎の少女(川上凛子)がいる夢の中で、安達は少女の正体を探ろうとしています。
名前を聞いた安達に「名前がない」と、寂しそうに少女は言いました。
会話は弾むものの肝心なところは黙ってしまうので、正体はわからないままでした。チャイムがなり、光代おばさんにそっくりな、光代手作りの時計(片桐はいり)が現れました。
そして時計は「捨ててほしい」と安達に言ってきたのです。
驚ろいている安達に時計は、続けて言いました。
1番最初にハンドメイド作品を安達にあげた時に、凄く喜んでくれたのが嬉しくて、ハンドメイドにハマっていったこと、そして作品をあげる度に、手紙やお礼の品をくれるのが嬉しかっことも話してくれました。
光代が1か月かかって作った時計をあっさり「捨ててほしい」と言ったことにはとても驚きました。
しかし安達が御礼をすることで、また何か送りたいと思ってしまうので足立の方から、それを止めてほしいと言った時計の言葉には考えさられた部分が多かったです。

ラストシーンで光代が選んだパワーストーンを手にして、光代のことを思い出している安達の顔がすごく素敵だなと思いました。

次回は梶原ひかりさんが本人役で登場するのですが、夢の中にまで梶原ひかりさんが登場するようなので、どんな結末になるのか想像ができません。次回は安達さんの持ち物ではなく、心の重荷を取り除くのかなと思いました。

ドラマ『捨ててよ、安達さん。』出演者の関連作品まとめ

主人公:安達さん(本人役:安達祐実)

 

この投稿をInstagramで見る

 

安達祐実(@_yumi_adachi)がシェアした投稿

安達祐実の代表作

家なき子、ひとつ屋根の下、ガラスの仮面、死役所初めて恋をした日に読む話家政夫のミタゾノ など

捨ててよ、安達さん。4話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『捨ててよ、安達さん。』第4話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

捨ててよ、安達さん。4話の無料動画を視聴する

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら