やめるときも、すこやかなるときも

【第5話】ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

【第10話】ドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想|結末ラストまで徹底解説

この記事ではドラマ『やめるときも、すこやかなるときも』第5話のあらすじネタバレ感想が読めます。

第5話のストーリーを結末ラストまで完全ネタバレしていますので、視聴前の方はご注意ください。

ネタバレを見る前に『やめるときも、すこやかなるときも』の無料動画を視聴する

『やめるときも、すこやかなるときも』第5話のあらすじ(2月17日放送)

壱晴(藤ヶ谷太輔)は拭いきれない過去について桜子(奈緒)に話し始める。

高校2年生の秋、松江で大島真織(中井友望)と出会った壱晴。
働かない父に代わり、アルバイトをして家計を支えていた真織は、家から出たいという目標を持っていた。
働きながら日々勉強に励む真織と比べ、幸せな環境で当たり前のように育った壱晴は自身の未熟さを痛感し、真織との距離を縮めたいと思い始める。

最初は突き放すような態度をとっていた真織だったが、次第に惹かれ合い、距離を縮める2人。
そして、壱晴は真織の誕生日にデートに誘う。
デートの帰り道、偶然現れた真織の父・大熊勲(阪田マサノブ)に交際を宣言。
勲は壱晴の言葉に激昂し、暴れ始め、真織に手をあげる。

それでも見捨てることができないと、家から出ることを諦めかけていた真織に壱晴は、一緒に東京の大学に行こうと提案。
その言葉に真織は、声を上げて涙を流す。

そして12月10日。
いつものように真織を見送った壱晴。
横断歩道のない道を渡ろうとする真織に声をかけようとするが、その声は掠れていて届かなかった。
その時、猛スピードでトラックが真織のほうへ向かってきて…。

『やめるときも、すこやかなるときも』第5話のネタバレ感想(2月17日放送)

『やめるときも、すこやかなるときも』第5話のあらすじネタバレ感想|ラスト結末まで解説のまとめ

この記事ではドラマ「やめるときも、すこやかなるときも」第5話のあらすじネタバレ感想をご紹介しました。

あらすじやネタバレを見て本編も見たくなった!

という方は、下記のリンクから『やめるときも、すこやかなるときも』の無料動画をお楽しみください。

各話の動画リンク

◎【全話】『やめるときも、すこやかなるときも』の見逃し動画を無料視聴する方法

←【第4話】『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想

→【第6話】『やめるときも、すこやかなるときも』のあらすじネタバレ感想

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/