エール

【朝ドラ】エール2週ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【運命のかぐや姫】

【朝ドラ】エール2週ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【運命のかぐや姫】

この記事ではドラマ『エール2週目』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

エール2週目の無料動画を視聴する

エール2週目あらすじ(4月6日~4月10日放送)

豊橋で馬具を製作販売している関内家の次女、音(清水香帆)は、11歳。

父・安隆(光石研)と母・光子(薬師丸ひろ子)のもと、姉・吟(本間叶愛)、妹・梅(新津ちせ)と楽しい日々を過ごしていた。

音は、小学校の最高学年になり、クラスで竹取物語を上演することに。
主役のかぐや姫を演じることを願う音だったが…。

そんなある日、教会でオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)が歌を披露するところに居合わせる。

エール2週目ネタバレ

ネタバレ

養子の話で古山家が揺れていた頃、古山裕一(石田星空)は魚治の長男の村野鉄男(込江大牙)が家族と共に夜逃げをした事を知り、鉄男の書いた詩に曲をつけて丘で彼に向けて歌いました。

それから舞台は変わり、大正12年の愛知の豊橋で父親の関内安隆(光石研)と団子を食べる少女、関内音(清水香帆)がいました。
そこで安隆から「やらずに後悔するより、やって後悔した方がいい」と聞くのでした。

そんな中、学校で学芸会が行われる事になり、音は浦島太郎より竹取物語がいいと提案して見事投票して決まりました。
団子を家族で食べながら安隆や母親の光子(薬師丸ひろ子)や姉の吟(本間叶愛)や妹の梅(新津ちせ)に報告したものの、かぐや姫には選ばれず落ち込む音を優しく励ます安隆でした。

そんな時、教会で世界的なオペラ歌手の双浦環(柴咲コウ)と出会い、「目の前の事に全力を尽くせ」と教わり、彼女のレコードを貰い、歌手になりたいと夢見るのでした。

そんな事もあり学芸会でする事になったお爺さんの役に全力で取り組み始めましたが、かぐや姫役に選ばれた神崎良子(田中里念)は母親からのプレッシャーもあり、乗り気ではありませんでした。
学芸会の練習が余り進まない中で、安隆が大阪で子供を助け様として電車に跳ねられて亡くなるという出来事が起こり、音の関内家は、関内馬具店と陸軍の仲介をしていた打越金助(平田満)から見放され、更に職人頭の岩城新平(吉原光夫)達職人も次々と辞めて窮地に陥りました。

しかし、何とかしようと考えた音は吟や梅と共に契約書を探し始めました。
それを知った光子は馬具取引に関する契約書を発見して、無事に打越から契約の継続を取り付け、職人の岩城達も戻って来ました。

そしていよいよ学芸会の日が来ると、急遽良子に変わり音がかぐや姫を演じる事になりました。
無事に終盤まで大役をこなすと音は安隆を思い出しながら別れの思いを込めて歌を歌い上げたのでした。

ラストシーンになり、それから再び舞台は変わり、3年後の福島で、商業学校に通う大きくなった裕一(窪田正孝)は、相変わらず授業中に作曲に熱中してしまい留年してしまうのでした。

下弦の月
下弦の月
【次週予想】次週の予想としては、裕一(窪田正孝)が商業学校に通いながらも作曲作りが辞められずにいて、作曲作りの参考にと様々な場所を動き回り、そんな時、伯父の権藤茂兵衛(風間杜夫)からの養子の話を父親の古山三郎(唐沢寿明)から初めて打ち明けられ悩んだ挙げ句、結末では養子になる事を遂に決断していく、という展開を予想しています。

エール2週目感想とみんなの評判

女性(50代)の感想と評判
評価:

呉服屋「喜多一」の経営が傾き、三郎は家中の骨董品を売って急場を凌いだ。
鉄男に本を届けに行った裕一は、鉄男が詩を書いていることを知り、その詩に曲を付ける約束をするが、鉄男一家は夜逃げしていなくなってしまった。

豊橋の関内家3姉妹の次女音は、小学校最終学年恒例の学芸会で竹取物語をする事になり、主役は自分がすると思っていたが、先生が勝手に役を決めてしまい、お爺さん役となり落ち込んでいた。

父親の安隆が、主役は1人ではできない。まわりの支える人がいて主役ができると話した。
父と教会へ行った音は、世界的オペラ歌手の双浦環の歌に魅了され、自分も歌手になりたいと思った。

双浦環から、自分のようになりたいのなら、目の前のことを一生懸命頑張るように言われて、音はやる気がでた。

学校で竹取物語の練習をしていると、音の父親が事故死したと連絡が来た。
突然のことで家族は実感が湧かなかったが、馬具店の経営がうまくいかなくなった。

音達が契約書を見つけ、それに書いてあった契約解除した場合、高額の違約金が発生するということで馬具店を継続できるようになった。
音は竹取物語の主役の子から主役を交代して欲しいといわれ、主役をやることになった。

演劇のラストに音は亡くなった父親の事を思い泣きながら歌を披露した。
観客の父兄も感動していた。

次回、裕一は福島高等学校へ通う学生となり、ハーモニカ部に所属し、毎日音楽三昧の学校生活を送ることになる。定期演奏会のオリジナル曲の作曲をし、裕一の才能が開花するんじゃないかと思う。呉服店の「喜多一」の経営がどうにもならなくなり、三郎はまさの実家に融資を頼むか悩むが、養子の話を受け入れて裕一を養子に出す約束をする結末になると思います。

女性(30代)の感想と評判
評価:

呉服屋の長男として大切に育てられ、気弱でいじめられっ子の祐一(石田星空)は、ふとしたきっかけからガキ大将の鉄男(入江大牙)との交流が生まれる。
鉄男は貧しいながらも文学が好きで、詩を書くことを愛する少年だった。
きっと詩人になれる、と励ます主人公と、それでは飯を食べていけない、と否定する鉄男。
仲良くなれそうだったのも束の間、鉄男一家は借金を重ねた末に夜逃げをすることに。
祐一は友を想い、鉄男が作った詩に曲をつくり歌い、ひとり再会を願うのであった。

一方そのころ、温かく愛に満ちた家庭の三姉妹の次女として育っていたヒロイン音(清水香帆)。
活発で学校の先生に平気で意見し、煙たがられる一面もある天真爛漫な女の子。

世界的オペラ歌手(柴咲コウ)と偶然出会い感動し、歌を歌って生きたいと決意する。
そんな中、突然父(光石研)が出張先で交通事故死し、実家の家業も危機を迎えることに。
職人も離れ、窮地に立たされる。
しかし三姉妹が機転を利かせ、母と力を合わせて窮地を乗り越える。
「女子供」でも世の中と存分に渡り合えるんだということを証明した瞬間でもあった。

そして音は学校の学芸会でも活躍をすることになり、ラストは母と三姉妹、力を合わせて生きていこうと決意する。

次回はいよいよ主人公、祐一(窪田正孝)の中学生編に突入。
作曲家を目指したくても、相変わらず父の家業に暗雲が立ち込めている模様。中学生といえば恋に目覚める年頃でもあり、様々な苦悩に頭を抱えながらも、作曲への情熱は譲れない。結末やいかに!

ドラマ『エール』出演者の関連作品まとめ

主人公:古山裕一(窪田正孝)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@masa0806.yuがシェアした投稿

窪田正孝の代表作

ラジエーションハウス、ヒモメン、アンナチュラル、ヒトヤノトゲ、MARS など

ヒロイン:関内 音(二階堂ふみ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤 惇(@atsushiitophoto)がシェアした投稿

二階堂ふみの代表作

ストロベリーナイト・サーガ、この世界の片隅に、探偵物語、がんこちゃんは大学生、がっぱ先生! など

主人公の父:古山三郎(唐沢寿明)

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

唐沢寿明の代表作

ハラスメントゲーム、ナポレオンの村、ラストコップ、ルーズヴェルト・ゲーム、不毛地帯、白い巨塔、美味しんぼ など

エール2週目ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『エール』第2週目のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

エール2週目の無料動画を視聴する

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら