エール

【朝ドラ】エール5週ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【愛の狂騒曲】

【朝ドラ】エール5週ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【愛の狂騒曲】

この記事ではドラマ『エール5週目』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

エール5週目の無料動画を視聴する

エール5週目あらすじ(4月27日~5月1日放送)

音(二階堂ふみ)の真意を確かめようと、裕一(窪田正孝)が、突然豊橋の関内家を訪問する。

光子(薬師丸ひろ子)は、裕一の来訪を喜ぶ音に、裕一との関係を断ち切るように言う。

一方、福島では裕一の姿が見えなくなったことで騒ぎが起こっていた。伯父の茂兵衛(風間杜夫)は行き先を知っているはずと三郎(唐沢寿明)を問い詰めるのだが…。
茂兵衛はすぐにでも裕一を養子として正式に権藤家を継がせたいと考えていた。

エール5週目ネタバレ

ネタバレ

裕一(窪田正孝)は音(二階堂ふみ)に会いに豊橋へ行きました。
音は裕一を別れるつもりでしたが、裕一は音が居ないと音楽が出来ないと言い、食い下がりません。
そこで、音は裕一に豊橋を案内します。

音の母、光子(薬師丸ひろ子)は2人のことを反対しています。
さらに、裕一の実家でも、彼が居なくなったことで大騒ぎになっていました。

裕一の父、三郎(唐沢寿明)は裕一が音のところへ行ったに違いないと思い、豊橋へやってきました。
光子、三郎、そして裕一、音の4人で話し合いが行われました。

裕一は音にプロポーズをして、彼女も承諾しました。
また、光子は偶然、裕一と音が接吻しているところを見てしまいます。
慌てる光子でしたが、それがきっかけで二人の結婚を許そうと思いました。

実は三郎も二人のことを認めていましたが、彼の身内は反対しています。
しかし、三郎は音のことが気に入り、身内を何とか説得すると言って、福島へ帰っていきました。

裕一と音は豊橋で演奏会を開くことになっていました。
演奏会当日、音は練習しすぎて高音が上手く出せないでいました。

音が歌っている途中、彼女は歌うのを止めてしまいました。
しかし、裕一がその理由を知理、彼が励ましたことで、音は最後まで歌うことができました。
演奏会は大成功に終わりましたが、主催者が全額持ってどこかへ姿をくらましてしまいました。

ラストで、音は演奏会での収入を状況費用に充てようとしていたのですが、それが出来ずに悔しがっています。
しかし、裕一や他の家族は演奏会が出来たことだけでも良かったと言っていました。

下弦の月
下弦の月
次週はどうやら裕一の留学が無くなってしまうようです。そのことで落ち込む裕一でしたが、音が奔走して東京で裕一のレコードの売込みを始めます。彼女のバイタリティーは凄いものですが、結末では上手く行くことを期待したいです。

6週目ネタバレに進む→

エール5週目感想とみんなの評判

女性(40代)の感想と評判
評価:

別れの内容が書かれた手紙をもらった古山裕一は、慌てて関内音の実家を訪れた!
音たち家族は驚くものの、音自身は、裕一がやって来たことに嬉しくて仕方ない。
しかし母親の光子は音に、裕一とは別れるように影で話をしていた。そんな中、裕一の失踪によって権藤茂兵衛は怒り心頭になり、裕一の父親である三郎のもとへ怒鳴り込んできた!
三郎もどういうことか?と考えて、ふと音の存在に気がつき、音の実家へ。音と裕一が、音の思いでの場所巡りをして帰ってくると三郎がやって来ていて、裕一は驚く!!

音、光子、裕一、三郎の4人で話し合いをするが、裕一の「音さんをお嫁に下さい。」の言葉で、結局は2人の結婚を許すかたちになるのだった。
しかし、権藤家の当主・茂兵衛が頷いてくれるかは分からないと三郎は言いながらも、三郎は3人の頼み込みに負けて茂兵衛にお願いすることを約束する。

数日後、三郎から便りが届いた。そこには茂兵衛から許しを得たと書かれており、ほっとするのだった。

その数日後、演奏会が開かれたが、肝心の妹の梅が作詞した「晩秋の頃」の曲で音が、高い音が出せなくなり歌えなくなってしまう!
しかし裕一が「かすれた声でも良いから歌いな」と音に優しく話しかけ、観客席にも音が練習しすぎたために声を上手く出せないことを話した。
そして演奏会は大成功をおさめた!
しかし演奏会のお金を鶴亀寅吉が持ち逃げしてしまった!怒る音に裕一は「もう、いいんじゃない?楽しかったから。」と言って丸くおさまる。

その後、吟と音は東京へ、裕一は福島に帰っていった。ラストでは先生と呼ばれる男・小山田耕三が古山裕一の存在を知り、「本物か紛い物か、楽しみだな」と不敵な笑いをしていた。

次週は小山田耕三が絡んできそうで楽しみです。古山裕一の真価が問われる形の展開になっていくのかな?と予想しています。次週の結末は、小山田の後がまに裕一が相応しいという話になるのではないかと期待しています。

男性(50代)の感想と評判
評価:

関内音(二階堂ふみ)に会いたくて堪らない古山裕一(窪田正孝)は、愛知の豊橋へと向かい音に初めて会うと、音の母親の光子(薬師丸ひろ子)に頼み込み、暫く置いてもらえる事になりました。
5年も留学するのだから別れるようにと光子に諭される音でしたが、あなたは音楽の女神です、と話す裕一に何も言えず豊橋の町を案内する音でした。

そんな時、裕一の事を聞きつけた、ゆたか興業の鶴亀寅吉(古舘伊知郎)が訪ねて来て、演奏会を開催する話を持ちかけてきました。
参加を決めた裕一達でしたが、そんな関内家に裕一の父親の三郎(唐沢寿明)が突然訊ねて来ました。
裕一は三郎と光子が揃う前で、音をお嫁に下さいと頼むのでした。
反対していた光子でしたが、二人が接吻している様子を見て仕方なく許すと、三郎も賛同して福島へと帰って行ったのでした。

演奏会での歌詞を音から頼まれた妹の梅(森七菜)は、裕一からアドバイスを受けて歌詞を完成させて演奏会の日を迎えました。
緊張が止まらない音でしたが、裕一が会場を上手く乗せ、音に音楽は心だと優しく励ましリードすると、晩秋の頃、という亡き父親の安隆(光石研)に捧げた曲を歌い演奏会は大成功に終わるのでした。

その後、演奏会を主催した鶴亀寅吉がお金を全て持ち逃げし音は悔しがりましたが、裕一や光子達は予想していた為か怒る事はしませんでした。
海に出かけた裕一と関内家の皆は、海に向かって音が歌うのを黙って聞き入ると、今度は裕一が安隆に向けて、音さんを産んでくれてありがとうございます、と叫びましたが、産んだのは私と光子から訂正され皆で笑うのでした。

ラストシーンで裕一の事が載っている新聞記事を読んだ日本音楽界の重鎮の小山田耕三(志村けん)は、裕一が本物かどうか思慮深く考えていたのでした。

次週は、古山裕一(窪田正孝)は、父親の三郎(唐沢寿明)からの頼もしい返事により、イギリス留学の為、福島へ帰って来た。しかし予想外に母親のまさ(菊池桃子)や、一番迷惑をかけてきた弟の浩二(佐々本宝)や、伯父の権藤茂兵衛(風間杜夫)らの反対を受け、結末として結婚話が無くなるのではと不安にかられる裕一だったのでした。という展開を予想しています。

ドラマ『エール』出演者の関連作品まとめ

主人公:古山裕一(窪田正孝)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@masa0806.yuがシェアした投稿

窪田正孝の代表作

ラジエーションハウス、ヒモメン、アンナチュラル、ヒトヤノトゲ、MARS など

ヒロイン:関内 音(二階堂ふみ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

伊藤 惇(@atsushiitophoto)がシェアした投稿

二階堂ふみの代表作

ストロベリーナイト・サーガ、この世界の片隅に、探偵物語、がんこちゃんは大学生、がっぱ先生! など

主人公の父:古山三郎(唐沢寿明)

 

この投稿をInstagramで見る

 

連続テレビ小説「エール」(@nhk_yell)がシェアした投稿

唐沢寿明の代表作

ハラスメントゲーム、ナポレオンの村、ラストコップ、ルーズヴェルト・ゲーム、不毛地帯、白い巨塔、美味しんぼ など

エール5週目ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『エール』第5週目のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

エール5週目の無料動画を視聴する

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら