そして、ユリコは一人になった

そして、ユリコは一人になった7話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【女子生徒連続死の真相】

そして、ユリコは一人になった7話ネタバレあらすじ、皆の感想と評判【女子生徒連続死の真相】

この記事ではドラマ『そして、ユリコは一人になった7話』のあらすじネタバレや次回の予想、みんなの感想・評判が読めます。

結末ラストまで完全にネタバレしています。まだ視聴していない方は下記のボタンから本編の無料動画をお楽しみください。

そして、ユリコは一人になった7話の無料動画を視聴する

そして、ユリコは一人になった7話あらすじ(4月16日放送)

「ユリコ様伝説」演劇のリハーサルが体育館で行われ、美月(玉城ティナ)とともにステージを見守る高見沢(平岡祐太)ら教師たちと岼子(柴田杏花)。

百合子(岡本夏美)らによる劇はうまく進行しているように見えたが、ある瞬間から現場は大混乱に陥る。
美月の口から語られる衝撃の事実に動揺する高見沢たち。

一方、由利(小越勇輝)が化学準備室に運んできたスーツケースの中身とは…?事件の真相が次々と明かされ、物語はついにクライマックスを迎える!

そして、ユリコは一人になった7話ネタバレ

ネタバレ

ユリコ様伝説による殺人事件が続発する中、体育館では発表会の演劇のリハーサルが決行されます。
客席には美月(玉城ティナ)や複数の先生たちが座り、順調に進む劇の様子を眺めていました。
特に教師の高見沢(平岡祐太)は満面の笑みをたたえながら見ていたのですが、劇の途中、ユリコ様役が男子生徒に入れ替わったところで、高見沢の顔色がみるみる変わっていきます。
稽古で百合子(岡本夏美)が演じていた後半シーンは、リハーサルで何の前触れもなく男性生徒が演じる形に変更されていたのです。
そして劇は、男性教師とユリコ様役の男子生徒とが寄り添うシーンへと続いていきます。
狼狽した高見沢は劇のリハーサルを思わず制止しますが、美月はこれがユリコ様伝説の真相なのだと、説明し始めます。

美月は初代ユリコ様は女性ではなく男性であったこと、そしてその男性こそ生徒時代の高見沢なのだと言います。
日記を書いたのも高見沢であり、高見沢が男性教諭に失恋したことが発端で、ユリコ様伝説が生みだされたのだと明かします。
更に高見沢と由利小太郎(小越勇輝)は恋人同士のような存在であり、校内で起こった殺人事件の犯人は高見沢(平岡祐太)と由利小太郎(小越勇輝)の二人だと断言します。

その頃、白百合の会の部屋では、由利小太郎が現ユリコ様・筒見友里子(天野はな)を軟禁していました。
由利小太郎の実姉は、実は過去に筒見に危害を加えられたことがあり、恨みを抱いていたのです。
そこへ自らの悪事が明るみになった高見沢が現れ、由利小太郎に抱きつきますが、由利は高見沢を突然ナイフで刺して殺害します。
由利はユリコ様伝説の犠牲になった姉の無念を晴らすため、高見沢を慕う芝居をしていたのでした。

この後、筒見は自殺、その横で美月は浅香(紺野彩夏)をナイフで刺し殺します。
ラストシーンでは筒見と浅香の二人の死体が、お互い殺しあったような形に並べられていました。

下弦の月
下弦の月
【次回の予想】男子生徒と男性教諭の道ならぬ恋が発端で起こった一連の事件でしたが、全てが解明されたわけではありません。次回最終回では、ユリコ様伝説の結末と美月の秘めた想いの全てが明かされる展開になると思います。

そして、ユリコは一人になった7話感想とみんなの評判

男性(40代)の感想と評判
評価:

発表会のリハーサルが始まると、途中から百合子がいなくなりユリコ様を演じるのが進藤に代わりました。
高見沢が驚き舞台を止めると、美月はユリコ様伝説の真実を見せると言い生徒たちに続けるように指示しました。
そして、美月によって明かされた真実とは、初代ユリコ様が高見沢であったという事でした。

一方、由利が化学準備室に運んできたスーツケースの中には、友里子が閉じ込められていました。
彼女を縛ったまま椅子に座らせると、ユリコ様の天罰が下ると脅してきます。
しかし、由利には全く彼女の言葉は響きません。
なぜなら、ユリコ様争いに絡んだ一連の事件は、すべて由利と高見沢によって行われていたからです。
高見沢が言うには、自分が作ったユリコ様伝説を広めるために教師として活動をしていたところに、由利が協力をしてくれたそうです。
そして、2人は恋人でもあり運命という強い繋がりを感じていると喜んでいました。
そんな高見沢の姿を見て美月は、本当に由利はあなたと同じ想いを持っていますかと尋ねます。
彼女の質問に高見沢が怪訝な表情を見せると、美月が事情を話し出します。

由利の亡くなった姉は、ユリコ様伝説によって硫酸を掛けられ自殺した水島百合子であり、彼女を死の原因を作った高見沢を愛するとは思えないと伝えます。
すると高見沢は由利のもとに向かい彼の想いを確認しようとします。

そして、由利の手によって高見沢は殺されてしまいました。
さらに、由利はユリコ様候補のすべてを殺そうと百合子に襲い掛かってきます。

しかし、木下が助けに入り美月によって制圧されます。
ラストは、すべてを知った友里子がユリコ様として自殺をし、見届けた浅香を美月が刺殺します。

次回は、一連の事件とは別に美月の今までの行動の秘密が明かされるようです。木下がストーキングしていた理由や進藤がスマホで盗撮をしていた理由が、やっとはっきりしそうです。そして、裏で美月が彼らを動かしていた理由についても判明するでしょう。彼女の行動にもユリコ様伝説との関係があるかもしれません。最後は、美月の裏の顔を知っても百合子は変わらず親友として受け入れようとします。しかし、美月がそれを許さず自殺という結末を迎えるでしょう。

女性(30代)の感想と評判
評価:

ゆりこ様伝説を舞台で披露していてゆりこ様は渡辺先生という人と恋愛状態になっていることが生徒たちから非難されいじめを受けていた。
高見沢先生がやめてと叫び、ゆりこ様伝説は自分が作った作り話だと言い出す。

ゆりくんと高見沢先生は男同士だったのですが恋人同士だった。
高見沢先生とゆりくんのココアの入れ方が一緒だったのがきっかけに色んなことがわかってきた。
ゆりくんは僕を愛していると高見沢先生は言う。

今まで殺してきた4人はゆりくんと高見沢先生が殺したんだと自ら告白。
水島ゆりこさんがゆりくんのお姉さんだったとは知らずに殺してしまったようだった。
ゆりくんは高見沢先生をその場で殺してしまう。
ゆりこ様はいないんだとゆりくんは大きな声で叫ぶ。
ゆりさんが自殺してしまったのをきっかけに人をたくさん殺してしまっていたのを指摘されて暴れだす。

ラストは八坂先輩をナイフで刺して殺してしまう。

次回は誰も知らないゆりこ様の物語があるようでした。手紙を読んでいましたがきっと今度は誰も殺さないと思います。結末はゆりこ様と関わっている人を探すんだと思います。

ドラマ『そして、ユリコは一人になった7話』出演者の関連作品まとめ

嶋倉美月(玉城ティナ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tina Tamashiro 玉城ティナ(@tinapouty)がシェアした投稿

玉城ティナの出演作

死にたい夜にかぎって、受験ゾンビ、わたしに××しなさい!、ドルメンX、JKは雪女 など

矢坂百合子(岡本夏美)

 

この投稿をInstagramで見る

 

岡本夏美(Natsumi Okamoto)(@okamoto_natsumi)がシェアした投稿

岡本夏美の出演作

鈍色の箱の中で、BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-、賭ケグルイ、咲-Saki-、地獄先生ぬ〜べ〜、GTO など

そして、ユリコは一人になった7話ネタバレあらすじのまとめ

この記事では『そして、ユリコは一人になった』第7話のあらすじネタバレをご紹介しました。

本編が見たくなってきた!という方は、下記のページで無料視聴の方法を解説しているので参考にしてください。

そして、ユリコは一人になった7話の無料動画を視聴する

春ドラマはどれを見ますか?※複数可

結果を見る

Loading ... Loading …

2020春ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2020冬ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

2019秋ドラマ早見表

>最新のドラマ動画まとめ一覧はこちら

国内ドラマを見放題で楽しむ

✔︎ 国内ドラマを浴びるほど楽しみたい
✔︎ 広告なしで快適に視聴したい
✔︎ 無料で楽しめるなら最高

そんなあなたのために、ドラマ動画が見放題なおすすめ動画配信サービスをまとめました。

すべてのサービスに無料体験期間があるので気軽にお試しできますよ♪

キャンペーンは終了してしまうかもしれないので、損しないためにも今のうちにチェックしておいてくださいね。

おすすめ動画配信サービスを見る 

無料ドラマ動画まとめはこちら 

\あなたにおすすめ/